Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
Webライターの始め方

Webライターを始めるハードルは低いものの、誰でも稼げるとは限りません

仕事内容や正しい始め方を知らないと、案件を獲得できないことも。

この記事では、Webライターの始め方を紹介します。

記事の内容を参考にすれば、未経験や初心者でもWebライターの副業で稼げます

未経験から稼げるWebライターを目指そう
a121e58a5ecce5c208d6ecfec74ccd11 - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:ウェブフリ

未経験から稼げるWebライターになるには、ライティングスキルが必要不可欠です。

しかし独学でスキルを習得するのは困難なもの。

稼げるWebライターになるには、客観的なフィードバックをもらうのが重要です。

ウェブフリは、未経験からWebライターに必要なスキルを習得できるオンラインスクールです。

ウェブフリを受講したことで、実際に稼げるWebライターになった人が数多くいます。

Webライターの副業にも挑戦できるのがメリット。まずはLINEに登録し、無料カウンセリングを受けてみてください。

\まずは無料カウンセリングから!/

関連記事:ウェブフリの評判

Webライターの仕事はフリーランスエージェントを活用して探すのがおすすめ。

クラウドソーシングより高単価案件が見つかります。

IT系の副業におすすめのエージェント

ITプロパートナーズは、高単価案件が豊富なフリーランスエージェントです。

保有案件の約9割がエンド直案件なので、他社より高収入が期待できます。

週3日からの案件が豊富なので、本業やほかの仕事と両立できる案件を見つけやすいです。

登録料や利用料は無料。ITプロパートナーズを活用し、年収の高いエンジニアやプログラマーを目指しましょう。

\累計利用ユーザー数7万人突破!/

関連記事:ITプロパートナーズの評判

目次

Webライターとは?始める前の基礎知識

Webライターとは、WebサイトやブログなどWeb上に掲載する文章を書く人のことです。

Webライターの大きな特徴は以下の3つです。

  • 仕事内容が豊富
  • 在宅ワークが可能
  • 大学生、副業でもOK

インターネット環境さえあれば始められるので、誰でも挑戦できます。

在宅で稼ぎたい女性におすすめの副業でもあるので、本気で収入を増やしたい人はWebライターの概要を押さえましょう。

仕事内容が豊富

Webライターは仕事内容が豊富です。一言でWebライターと言っても、記事の執筆だけが仕事ではありません

Webライターには以下のような案件があります。

  • ブログ記事・Webコンテンツ
  • キャッチフレーズ・コピーライティング
  • レビュー・口コミ作成
  • 編集・校正・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • シナリオ作成・脚本制作・小説
  • インタビュー・取材記事
  • メルマガ・DM作成

分野によって必要なスキルや知識が異なるため、受けたい案件に応じて身につける必要があります

大学生や副業でもOK

Webライターは、大学生や副業でもOKな仕事です。文章が書けさえすれば誰でもWebライターを始められます

肩書きは必要ないため、大学生であることはネックではありません。

Webライターは在宅ワークが可能です。学生なら授業、社会人なら本業が終わったあとに、アルバイトとして取り組めます。

週末にまとめて取り組むこともできるため、空いた時間を有効活用してお金を稼ぎたい人におすすめです。

在宅ワークが可能

Webライターは在宅ワークが可能です。Webライターの仕事はインターネット上で完結します。

Webライターの仕事の流れは以下のとおり。

  1. 受注
  2. 案件内容の確認
  3. 執筆
  4. 納品

多くの仕事は、受注・納品いずれもオンラインで行われます。案件内容の確認もチャットやメールでやりとりすることが大半です。

インターネット環境さえあれば場所を選ばずに働くことができるので、Webライターは在宅副業としても人気です。

未経験からWebライターを始める前に知っておきたいこと

未経験からWebライターになる前に知っておきたいこととして、以下の3つを紹介します。

  • 楽な仕事ではない
  • 稼ぐことだけが目的なら続かない
  • 初めから稼げない

未経験者がWebライターを始めること自体は簡単です。

しかしWebライターとして仕事を続けるのは困難です。

Webライターになってから後悔しないよう、実態を確認しておきましょう。

楽な仕事ではない

Webライターはインターネット環境さえあれば始められますが、決して楽な仕事ではありません。

未経験者がWebライターとして案件を受ける場合、記事のテーマや構成が決まっている場合が多いです。

依頼された分野についてのエキスパートであれば別ですが、下調べをしないと執筆できません

嘘偽りない記事を納品するためにも、常に最新情報を調べ分かりやすくまとめるスキルが求められます。

他記事のコピー&ペーストは厳禁。自身も初めて知るような内容を調べながら文章でまとめるのは、想像以上に難しい仕事です。

稼ぐことだけが目的なら続かない

Webライターは稼ぐことだけが目的であれば続きません。

Webライターの仕事は単に文字を書くだけではないからです。

文章を通じてクライアントに価値を提供することを念頭においてください。

高単価の案件を獲得し稼げるようになるまでかなり長い時間がかかります。

初めから稼げるわけではないため、稼ぐことだけが目的の方は向いていません。

逆に、Webライターに向いている方は以下に当てはまる人です。

  • 文章を書くのが苦痛でない
  • 一人で作業するのが好き
  • コツコツ努力するのが得意
  • 何に対しても興味を持てる

文章を読んだり書いたりするのが好きで、知見を広げるのにワクワクする人におすすめです。

初めから稼げない

Webライターは初めから稼げません。文章を書けさえすれば誰でもWebライターを始められます。

しかし、未経験者が受注できる案件はほぼ低単価です。

未経験者がWebライターとして案件を受ける場合、だいたい1文字0.5円程度。例えば、3,000文字の記事を執筆すると1,500円の報酬となります。

3,000文字を1時間で執筆できたら良いですが、質の良い記事にするためには下調べが必要です。

書籍やインターネットで調べながら執筆すると、1記事仕上げるのに2〜3時間かかるケースも。

初めのうちは時給500円になるのも珍しくないのです。

Webライターで稼ぐためには、実績を積んで文字単価を上げるしかありません

Webライターの始め方5ステップ【未経験者必見】

未経験者向けWebライターの始め方は、以下の5ステップです。

  1. 必要なものを揃える
  2. 自分のブログを作る
  3. クラウドソーシングに登録する
  4. 案件に応募する
  5. ライティング案件を受注する

Webライターは在宅ワークが可能で、未経験者でも始めやすい仕事です。

Webライターの始め方をマスターして、副業を始めましょう。

①必要なものを揃える

まずはWebライターに必要なものを揃えましょう。Webライターとして仕事をするために最低限必要なものは以下の2つです。

  • インターネット環境
  • パソコン

Webライターの仕事は、インターネット上で完結することが大半です。

まずは、クライアントとのやりとりや記事の納品などに支障が生じないよう、自宅のインターネット環境を整えましょう

スマホがあれば文章の執筆自体は可能です。しかし、パソコンを使用するとスマホの何倍ものスピードで執筆が可能になります。

記事の元になる情報を調べたり読んだりするのも、スマホよりパソコンの方が楽です。依頼内容によっては、文章そのものを納品するだけでなく、WordPressへ直接入稿での納品を求められることがあります。

②自分のブログを作る

次に、自分のブログを作りましょう。Webライターは、未経験者がいきなり応募しても実績がないとなかなか受注できません

未経験者が仕事を受注するためには、実際に執筆した記事を見てもらうことが近道です。

無料ブログでもいいので自分のブログを開設したら、記事を執筆します。

自分が得意だったり興味があったりするジャンルのブログを開設しましょう。

WordPressでのブログ開設がおすすめ

WordPressでブログを始めるのがおすすめです。

Webライターには、執筆した記事をWordPressに入稿する仕事もあります。

WordPressを使えるようになれば、Webライターの仕事で受注できる業務が増えます。

自分のブログは、ポートフォリオとして見せられるレベルまで仕上げましょう。

ポートフォリオとは、自分のスキルをアピールするものです。

未経験者がWebライターを始めるのであれば、実績の代わりに提示できるブログは必須です。

未経験者はブログ作成の前にライティングスキルを身につけるのが先

ea20014002d5c05d615fa2d398601d9d - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:メイカラ

未経験からWebライターを始めるなら、ブログを作るより先にライティングスキルを身につけましょう。

メイカラは、現役フリーランスがマンツーマンで指導してくれるWebライティングのオンラインスクールです。

zoomセッションや動画教材を使用し、未経験から稼げるWebライターに育ててくれます。

Webライティングの指導力が高い

講師陣は実際に結果を残しているため、Webライティングの指導力が圧倒的に高いです。

メイカラを利用したWebライター未経験者が、月5万円を達成した割合はなんと95%。

フリーランスも多数輩出している実績豊富なオンラインスクールです。

未経験からWebライターを目指す人向けの「Webライターコース」の料金プランは以下のとおりです。

スクロールできます
プラン動画教材プラン基本プラン超伴走型プラン
受講料金98,000円159,800円249,800円
分割料金2万円/月〜※5回払いの場合2万円/月〜※9回払いの場合3万円/月〜※9回払いの場合
サポート期間なし3ヶ月6ヶ月
記事添削なし1ヶ月あたり2記事までサポート期間中は無制限
案件保証なしありあり
※金額は税込

迷ったら基本プランを選びましょう

一番安い動画教材プランは9万円台で受講できますが、Webライターのスキルを向上させるために欠かせない記事添削を受けられません。

基本プランなら、1ヶ月2記事まで添削を受けられるほか、プラン終了後の案件保証もあります

スキルの習得と案件の獲得を同時に叶えてくれるのが、メイカラの圧倒的な強みです。

独学で始めると、スキルの習得に時間がかかり、最悪の場合案件が獲得できない場合も。

未経験者に優しい仕組みのメイカラを利用し、稼げるWebライターを目指しましょう。

\まずは無料説明会に参加する!/

③クラウドソーシングに登録する

自分のブログを作成し記事を執筆したら、クラウドソーシングに登録しましょう。

総務省によると、クラウドソーシングとはオンライン上で不特定多数のユーザーに仕事を依頼できるサービスです。

仕事を発注したいクライアントと仕事が欲しい受注者が、インターネットを通じてマッチングできます。

クラウドソーシングのアカウントを作成できたら、プロフィールを登録します。以下5つのポイントを押さえて登録しましょう。

  • プロフィール画像にこだわる
  • プロフィール欄をできるだけ埋める
  • 執筆が得意なジャンルを記載する
  • 自分のブログなどポートフォリオを掲載する
  • 意気込み

クライアントはプロフィールを読んで依頼するWebライターを決めます。

プロフィール欄はできるだけ詳しく書きましょう。プロフィール画像は信頼感アップやインパクトのためにも顔写真が望ましいです。

クライアントはきちんとした文章を書いてくれるWebライターに依頼したいと思っています。未経験者は実績がないため、自分のブログに書いた記事をアピールしてください。

最後に、仕事に対する熱意や意気込みも記載しましょう。

未経験者はまたスキルをアピールできませんが、「こんな思いで取り組んでくれる方に頼みたい!」と思ってもらえるように、熱意を伝えるのも大事なポイントです。

有名なクラウドソーシング

クラウドソーシングはクラウドワークスがおすすめです。発注者と受注者いずれも多くのユーザーが利用しています。初心者のうちは両方登録しておくと、仕事を受注しやすいです。

④案件に応募する

クラウドソーシングのプロフィールを埋められたら、いよいよライティングの案件に応募していきましょう。

未経験者であれば、「初心者OK」というフラグがついている案件から応募するのが無難です。

Webライターは倍率が高いので、たくさん応募してもなかなか受注できないことも。

提案文が超重要

応募する際にはクライアントに提案文を提出します。

案件に応募した理由や自分がクライアントに提供できるメリットを、分かりやすく伝えるのが重要です。

ただし数回依頼をお断りされたからといって諦めてはいけません。できるだけたくさんの案件へ同時に応募しましょう

⑤ライティング案件を受注する

ライティング案件を受注したら。依頼内容についての詳細が開示されます。

以下を確認し、本当に受けても良いのかを検討しましょう。

  • 執筆内容
  • 掲載場所
  • 読者のターゲット層
  • 記事の納品方法
  • 報酬額
  • 納期

不明点があれば、クライアントに質問・確認してください。

案件内容に不安があったり実力不足だと感じたりすれば、本契約する前に断りましょう。

「せっかく受注できた案件を無駄にしたくない」という気持ちは分かりますが、無理に受けると後々苦しむのは自分です。

最終的にはクライアントにも迷惑をかけてしまうことになるので、自分に合わない案件については辞退しましょう

初心者のWebライターが身につけておくべきスキル

初心者のWebライターが身につけておくべきスキルは以下の5つです。

  • 提案力
  • リサーチ力
  • SEOの基礎知識
  • タイピングスキル
  • ライティングスキル

Webライティングで自分の意見や感想を述べるのはNG。クライアントが求めているのは日記のような記事ではありません。

上記のスキルを身につければ、Webライターとして必要不可欠な存在になれるでしょう。

提案力

Webライターが身につけておくべきスキルは、提案力です。提案力の高さは案件の獲得に直結します。

Webライターは案件に応募する際、ポートフォリオを提出します。ポートフォリオに最低限書いておきたいのは、以下の内容です。

  • プロフィール
  • 経歴
  • 執筆経験分野
  • 得意分野
  • 業務可能時間

提案文で1番大切なことは、「私はクライアントが求めている記事を書けます!」というアピールです。

「自分が持っている知識や経験を反映することで、正確で深みのある記事を提供できる」ということを伝えてください。

提案文を読んだクライアントに、「ぜひお願いしたい」と思ってもらえる提案力が求められます

リサーチ力

Webライターにはリサーチ力が欠かせません。

Webライターの仕事とは、文章を通じて正しい情報を分かりやすく伝えること

ほとんとの案件では、執筆のテーマや内容はあらかじめ決まっています。

依頼された分野の最新かつ正しい情報を調べなければ、質の高い記事を執筆できません。

古い情報やデマなど出所がわからない情報を誤って伝えないためにも、リサーチ力を身につけましょう。

SEOの基礎知識

WebライターにはSEOの基礎知識が必要不可欠です。

SEOとは「検索エンジン最適化」です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、品質の良い情報をブラウザ上位に表示するようアルゴリズムが組み込まれています。

SEOの基礎知識を身につけると、検索で上位に表示される記事に近づけます

記事がブラウザ上位に表示されると、記事の読者が増加。読者が増えるほど記事やサイトの信頼性が高まり、クライアントの売り上げにつながります。

クライアントにとって優良なコンテンツを作成するWebライターは重宝されます

Webライターの案件単価を増やしたい方は、SEOの基礎知識は必須のスキルです。

タイピングスキル

タイピングスキルもWebライターにとって必須のスキルです。

記事の執筆はスマホでも可能ですが、パソコンのほうが早く文字を打てます

タイピングスキルを身につけると、文字を速く打てます。

タイピングスピードが速いほど時給も高まります。

効率よく稼ぎたい人ほど、タイピングスキルを習得しましょう。

ライティングスキル

ライティングスキルはWebライターに絶対に必要なスキルです。

ライティングスキルとは、情報や思考を文章で正確に伝える能力のことです。

ライティングスキルを身につけると、読者に対してわかりやすく的確に情報を伝えられるだけではありません。

魅力的な商品・サービス訴求ができるようになるので、読者の購買行動を促進することも可能です。

ライティングスキルは知識で身につけることができます。

以下の内容に気をつけると、読みやすく分かりやすい文章に仕上がります。

  • 正しい日本語を使う
  • 助詞を正しく使う
  • 同じ文末を連続で使わない
  • 一文を長くしすぎない
  • 簡潔に表現する

Webライターとしてのスキルを伸ばすなら、プロに添削してもらいましょう。

web+(ウェブタス) Media Schoolでは、客観的な視点からあなたの記事をフィードバックしてくれます。

スキルを学びながら報酬を稼げるのもweb+Media Schoolのメリットです。

未経験からWebライターとして収益を得たい人こそ、web+Media Schoolのライティングコースを受講しましょう。

本気で稼げるWebライターになりたい人は、無料で相談してみてください。

\45日間の全額返金保証付き!まずは無料相談/

関連記事:ウェブタスの評判

Webライター未経験者が月5万円稼ぐ秘訣

未経験者でもWebライターで稼ぐことは可能です。未経験者でもWebライターで稼ぐコツを5つご紹介します。

  • 納期を守る
  • 報連相を怠らない
  • 勝手に判断しない
  • スキルを身につける
  • フィードバックを真摯に受け止める
  • 高単価案件を受注する

Webライター未経験者がすぐにライティング案件を獲得するのは難しいです。

しかし上記の5つを実践すれば、稼げるWebライターになれます。

報酬を得ることだけに捉われず、1人の社会人として振る舞うことを意識してください。

納期を守る

納期は必ず守りましょう。当たり前のことですが、現役Webライターでも納期を遅れる人や納期ギリギリに提出する人は数多くいるのが現状です。

一度でも納期に遅れると、クライアントの信頼を失います

納期厳守は仕事をする上で当然のルールですが、Webライターとしても大切なことに変わりありません。納期を守るためにも、まずは納期に余裕がある案件に応募しましょう。

納期が未定である案件の場合は、事前に交渉してください。

しかし、執筆が思っていたよりも順調にいかず納期に間に合わない場合も。

間に合わないかもしれないと思った時点で謝罪の連絡をし、納期を調節してもらいましょう

報連相を怠らない

Webライターで稼ぐなら、報連相を怠ってはいけません。

「報告、連絡、相談」はWebライターに限らず、仕事をする上で常に意識したいことです。

Webライターの仕事の多くは、オンラインで成立します。

ほとんどの案件は、クライアントと直接顔を合わせません。

オンラインでのやり取りが多いからこそ、些細なことでも報連相してください

クライアントにとっては、執筆の進捗や納期に間に合うのかは不安要素の一つです。

こまめに報連相をすることで、クライアントからの信頼を勝ち取りましょう。クライアントも、信頼できるWebライターに執筆を依頼したいと考えています。

勝手に判断しない

Webライターの仕事を進めるうえで、勝手に判断してはいけません。クライアントとの認識がズレると、修正に大幅な時間がかかるからです。

修正に労力がかかると、クライアントの時間を奪うことに。相談を怠るとかえって二度手間になるケースが多いです。

クライアントの意図を正しく汲み取るためにも、指示を勝手に判断せず相談することが大切です。

スキルを身につける

Webライターで稼ぐため、スキルを身につけましょう。Webライターの年収はスキルレベルに左右されます

Webライティングの報酬は1文字◯円という文字単価で設定されることが多いです。

単価はスキルに応じてアップします。

未経験者であれば1文字0.5円ほどですが、スキルを身につければ文字単価1円〜5円まで引き上げられます。

フィードバックを真摯に受け止める

Webライターで稼ぐため、フィードバックを真摯に受け止めてください。素直にアドバイスを受け入れる人ほど成長が早いです。

記事を執筆して納品すると、クライアントから記事の評価や改善点などのフィードバックを受けることがあります。

継続案件でない場合は「別の依頼で通用するかわからないし」と思うかもしれません。

しかし、客観的に見た文章の構成や読みやすさは、自分では気づけません

クライアントからもらったフィードバックは真摯に受け止めて、次回以降の執筆に活かしましょう。

高単価案件を受注する

Webライターが稼ぐには、単価を上げるのが重要です。単価が低いままだと、頑張って記事を書いても収入は増えません

待っているだけでは、高単価案件に出会うのは困難です。

Webライターで高収入を目指すなら、フリーランスエージェント副業エージェントを活用しましょう。

クラウドソーシングに比べて、高単価案件が多く揃っています。

Workship2 - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:Workship

WebライターにおすすめなエージェントはWorkshipです。Webライターを探している企業が多く登録しています。

Workshipを利用する流れは以下のとおりです。

  1. 無料で会員登録
  2. エージェントと面談
  3. 案件紹介
  4. 案件に参画

まずは無料で会員登録したら、エージェントと面談します。スキルや経歴を伝えると、あなたにぴったりの案件を紹介。

受注できそうな仕事なら、契約を交わして案件に参画する流れです。

期間は案件によって異なります。1つの案件が終了しても次の仕事をエージェントが提案してくれるため、案件が途切れる心配はほとんどありません。

Workship経由で案件が成約すると、1万円のお祝い金がもらえます。高収入のWebライターを目指すなら、Workshipを利用しましょう。

\案件成約で1万円のお祝い金プレゼント!簡単60秒で無料登録/

関連記事:Workshipの評判

Webライター初心者や未経験者が登録必須のクラウドソーシング

Webライター未経験者が登録必須のクラウドソーシングは以下の2つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

まずは文字単価1円の案件に応募しましょう。

数多くの案件をこなし実績が増えたら、文字単価1.5円や2円の案件に応募すると、受注しやすいです。

クラウドワークス

CrowdWorks - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:クラウドワークス

クラウドワークスは、クラウドソーシングの国内シェア・取引額No.1※のサービスです。

※クラウドソーシングを専門に取り扱っている上場企業において流通額がNo.1(会社発表IR資料比較)

案件数が豊富で、Webライター初心者や未経験者向けの案件も多く見つかります。

クラウドワークスはアプリが使いやすく便利です。スマホで仕事を検索したり、クライアントとやりとりしたりできるので、時間を効率的に使えます。

クラウドワークスは「クラウドカレッジ」と呼ばれるオンラインコミュニティ型の学びの場を提供しています。

仕事や働き方についての相談や、ステップアップのための学習が可能です。Webライターであれば、以下のようなコースがあります。

  • Webライターコース
  • 取材ライティングコース
  • WebライターコースPRO

完全オンラインで基礎から応用まで学べ、メンターから学習サポートが受けられます。

未経験者や初心者向けの案件が豊富です。まずは会員無料で登録し、プロフィールを設定しましょう。

\Webライター未経験者向けの案件多数あり!/

ランサーズ

Lancers - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:ランサーズ

ランサーズは、ユーザー満足度の高いクラウドソーシングです。

2008年からサービスを展開しており、長年多くのWebライターが利用しています。

Webライティングの案件は初心者OKなものも多く見られるのが特徴です。

登録情報や実績に応じてランクが付与されるなど、初心者からステップアップがしやすい制度が整っています。

24時間365日体制のサポート窓口もあるので、クラウドソーシング初心者でも安心です。

\手数料が安い副業サイト!/

未経験からWebライターを始めるメリットとデメリット

未経験からWebライターを始めるメリットとデメリットは以下のとおりです。

メリットデメリット
知見が広がる
働く場所を選ばない
価値提供を実感できる
稼げるようになるまで時間がかかる
年収はスキルレベルや仕事量による
スキルはすぐ上達しない

メリットとデメリットの両方を把握すれば、最短で稼げるWebライターを目指せます。

未経験からWebライターになるメリット

未経験からWebライターになるメリットは以下の3つです。

  • 知見が広がる
  • 働く場所を選ばない
  • 価値提供を実感できる

楽ではありませんが、Webライターは誰でも始められます。

在宅で副業したい人や収入を増やしたい人は、Webライターを始めましょう。

知見が広がる

未経験からWebライターを始めると知見が広がります。

未経験者がWebライターとして案件を受ける場合、大体は記事のテーマや構成が決まっています。

下調べをした上で執筆するので、今まで触れてこなかった分野について知ることができます。

案件を受ければ受けるほど、さまざまな分野の知識が増えるのがWebライターの魅力です。

働く場所を選ばない

Webライターは働く場所を選びません。Webライターはインターネット環境さえあれば働けます

案件の受注や納品はパソコンがないと難しい場合がありますが、クライアントとのやりとりや執筆活動はスマホでもできます。

通勤・通学の移動中や子育て・家事の合間でも対応が可能です。

Webライターは「好きな時間に好きな場所で働く」ことを実現できる仕事です。

価値提供を実感できる

未経験からWebライターを始めと、価値提供を実感できます。

自分の頑張りが人の役に立っていると思うと、モチベーションが上がるものです。

Webライターとして執筆した文章や記事はWeb上で公開。自分の文章を通して、多くの方に「情報」という価値を提供できます。

クライアントの商品やサービス紹介の記事が多くの方に読まれれば、クライアントの売上アップにも直接貢献できます

Webライティングはディレクターによって手直しされることもありますが、自分1人の力で書き上げることがほとんどです。

自分の努力で生み出された文章や記事が、読者の役に立っていることを実感できます。

未経験からWebライターになるデメリット

始め方が簡単でメリットも多いWebライターですが、以下3つのデメリットもあります。

  • 稼げるようになるまで時間がかかる
  • 年収はスキルレベルや仕事量による
  • スキルはすぐ上達しない

あらかじめデメリットを把握しておけば、Webライターをになってから後悔しません

稼げるようになるまで時間がかかる

Webライターは未経験者でも始めやすいですが、稼げるようになるまで時間がかかります。

クラウドソーシングに登録すると未経験者OKな仕事を見つけることはできます。

しかし、未経験者が受注できる案件はほとんど低単価です。

未経験者が受注できる案件の相場は、1文字0.1円〜0.5円程度です。

未経験者であれば5,000文字の記事、つまり2,500円を稼ぐのに下調べから執筆、修正まで含めると1週間かかることも珍しくありません。

未経験者は継続案件を獲得するのも難しいです。

継続して案件を獲得するためには、執筆と並行してスキルを身につける必要があります

月収はスキルレベルや仕事量による

Webライターの年収は、スキルレベルと仕事量によります。

Webライティングの報酬は1文字◯円という文字単価で設定されていることが大半です。

スキルのない未経験者であれば1文字0.5円程度に設定されることが多いです。

Webライターとして経験を積めば1文字1円〜5円まで文字単価を引き上げられます。

有名ライターになれば、1文字10円も夢ではありません。

同じ記事を執筆しても、スキルによって報酬が何倍も異なるのが特徴です。

Webライターの仕事は案件の納品に応じて報酬が支払われます。仕事量が多いほど年収アップします。

スキルはすぐ上達しない

Webライターに必要なスキルすぐ身につきません。何十記以上書いて初めて読者に価値を提供できる記事に仕上がります。

Webライターとして身につけたいスキルは、いくつかあります。

例えば、ライティングスキルやSEOの基礎知識などです。

スキルは意識や学習で身につくものもありますが、専門的なスキルは実績を積まないと身につきません

スキルを身につけるためには、どんどん案件に取り組むことが近道です。

b7833b020827ec8fe78b8eb24a3e5368 - Webライターの始め方5ステップ!未経験から月5万円稼ぐ秘訣を解説

画像出典:ウェブタス

できるだけ早くスキルを身につけ、稼げるWebライターになりたい人は「web+(ウェブタス)Media School」でライティングコースを受講しましょう。

web+Media Schoolには以下のメリットがあります。

  • SEOライティングを体系的に学べる
  • 学びながら報酬がもらえる
  • プロに添削してもらえる

1人でスキルを身につけるのには限界があります。

プロから指導を受け添削してもらうことで、客観的に読みやすい文章を書けるようになるでしょう。

Webライターとして本気で稼ぎたい人は、まずは無料で相談してみてください。

\45日間の全額返金保証付き!まずは無料相談/

関連記事:ウェブタスの評

Webライターの始め方に関してよくある質問

Webライターの始め方に関してよくある質問と回答をまとめました。気になる疑問は事前に解消しておきましょう。

  • バイトや副業でも稼げる?
  • どんな記事を書くことが多い?
  • 高校生Webライターの募集はある?
  • 大学生が在宅でできる案件はある?
  • クラウドソーシング以外で求人を探す方法は?

バイトや副業でも稼げる?

Webライターはバイトや副業でも稼げます。以下の特徴に当てはまる人はWebライターに向いています。

  • 文章を書くのが苦痛でない
  • 一人で作業するのが好き
  • コツコツ努力するのが得意
  • 何に対しても興味を持てる

文章を読んだり書いたりするのが好きで、知見を広げるのにワクワクするという方におすすめです。

Webライターの副業を始める人が増えています。スキルレベルを高めれば、稼げるWebライターになれるでしょう。

どんな記事を書くことが多い?

残念ながら、どんな記事を書くことが多いのかは一概に回答できません。

クライアントよって執筆できる記事のテーマが大きく異なるからです。

Webライターの募集案件を見ていると、さまざまな分野の記事が求められていることが分かります。

まずは色んな記事を執筆してみて、得意分野を見つけるのが良いでしょう。

Webライターでコスパ良く稼ぎたいなら、稼げる記事に集中して応募しましょう。

金融やIT関係など専門知識が必要なジャンルは単価が高い傾向です。

専門知識を身につけて、特定分野特化型のWebライターを目指すのもいいかもしれません。

高校生Webライターの募集はある?

Webライターは高校生でもなれます。Webライターの案件では、肩書きは大切ではありません。

肩書きよりも、提供する文章や記事の内容の方がはるかに重要です。

高校生でもクラウドソーシングでWebライターの案件を探せます。

しかしクラウドワークスとランサーズは年齢制限により18歳未満は登録できません。

クラウドソーシングサービスの中でも「ココナラ」は、年齢制限もなく案件数も多いため高校生にもおすすめです。

大学生が在宅でできる案件はある?

Webライターの案件には、大学生が在宅でできる案件もあります

まずWebライターは文章が書けさえすれば良いので、大学生であることはネックではありません。

学生バイトにもおすすめで、授業後や週末にリモートで稼げます。

執筆作業自体はスマホさえあれば可能です。通学の乗車時間や授業の空きコマを執筆作業に充てることで、スキマ時間を生産的に過ごせます。

Webライターは時間に余裕ができやすい大学生にこそ、おすすめの仕事かもしれません。

クラウドソーシング以外で求人を探す方法は?

クラウドソーシング以外で、Webライターの求人を探す方法はいくつかあります。

  • Twitterで営業
  • Webメディアに直接応募
  • 知人の紹介
  • 自分のブログから依頼を募集

上記の中で、1番おすすめなのはTwitterで案件を獲得することです。TwitterではよくWebライターの募集がされています。

文字単価2円以上のコスパの良い案件もよく見られます。

クラウドソーシングより見つけやすく高頻度で募集がかけられているので、「#ライター募集」で検索してみてください。

Webライター用のTwitterアカウントを作成し、どんどん応募してみましょう。

スキルを身につけてWebライターで稼ごう

Webライターは未経験者でも始めやすいですが、稼げるようになるまで時間がかかります。

しかし、スキルを身につけると報酬が何倍・何十倍にもなりうる夢のある仕事です。

Webライターのスキルを身につけるために、特殊な勉強は必要ありません。

SEOとライティングの基礎知識を学び、何度も執筆することで、自然と身に付くものです。

自分のブログを運用すると、スキルが身につきやすくなります。WordPressの始め方を参考に、スキルアップの土台を作ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次