フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
フリーランスにおすすめのファクタリング業者

信用度が比較的低いフリーランスでも、ファクタリングを利用すれば手軽に資金を調達できます。

しかし、ファクタリングは業者ごとに手数料などの条件が異なるため、適当に選ぶと後悔するケースも。

この記事では、フリーランスにおすすめのファクタリング業者を紹介します。

記事の内容を参考にすれば、フリーランスの資金繰り改善に役立つファクタリング業者がわかります。

フリーランスは個人向けのファクタリング業者を利用しましょう。少額ファクタリングに対応しており、フリーランスでも利用しやすいです。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
ラボル
535121eb8fe59067ac702c52736e7d1b - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
最短入金最短2時間最短60分最短10分
手数料1%~一律10%一律10%
契約方式2者間2者間2者間
買取可能額金額上限なし1万円~最大100万円(初回のみ25万円まで)
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト
目次

フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選

フリーランスにおすすめのファクタリング業者を以下にまとめました。

フリーランスがファクタリング業者を選ぶ際は、少額の利用に対応している業者や即日入金に対応している業者を選びましょう。

「審査緩い」「審査甘い」といった好条件に当てはまるファクタリング業者は、数多く存在します。

オンラインファクタリングがおすすめ

オンライン完結の非対面ファクタリングなら、近くに店舗がなくてもネットでファクタリングを申し込めます。

ラボル|申し込み手続きが簡単でフリーランスにおすすめ

labol 1 - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:ラボル
ファクタリング名ラボル
最短入金最短60分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額1万円~必要な金額
オンライン対応
提出書類本人確認書類(免許証など)
請求書
通帳のコピー
取引先担当者が請求内容を了承していることが分かるメール・Slackメッセージ

LINEやChatworkなど、取引先担当者との連絡履歴

取引先からの過去の入金履歴

押印済みの発注書や契約書

その他取引を証明するエビデンス
運営会社株式会社ラボル
詳細をチェック公式サイト

ラボルは、簡単に申し込み手続きできるファクタリングサービスです。

決算書や契約書などの書類が基本不要で、ファクタリングの申し込みがオンラインで完結します。

独立直後や新規取引先など買取対象が幅広く、個人事業主におすすめのファクタリング業者です。

ラボルのおすすめポイント
  • 最短60分で入金
  • 申し込み手続きが簡単
  • 少額の買取にも対応

とくに、少額の売掛金を買い取ってくれる点がポイントです。

1万円から必要な金額のみを調達できるので、「あと少し資金が足りない」といったときに重宝します。

また、ペイトナーファクタリングほどではないものの、最短60分とスピーディな入金対応をおこなっている点も見逃せません。

少額の売掛金を少しでも早く現金化したいフリーランスは、ラボルを利用しましょう。

\個人事業主やフリーランスにおすすめ!/

関連記事:ラボルの口コミや評判

QuQuMo|オンライン完結でLINEも相談できる

QuQuMo - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:QuQuMo
ファクタリング名QuQuMo
最短入金最短2時間
手数料1%~
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額金額上限なし
オンライン対応
提出書類請求書

通帳
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細をチェック公式サイト

QuQuMoは、ファクタリングの申し込みをオンライン完結できるサービスです。

LINE相談にも対応しているので、メッセージ上で気軽に相談できます。

QuQuMoのおすすめポイント
  • 最短2時間の即日入金に対応
  • 少額の買取にも対応
  • 手数料が1%〜と低い

手数料を最低1%に設定しており、業界トップクラスの低さを実現しています

手数料は買取金額や利用者の状況によって変動しますが、他社より手数料を下げられる可能性も。

少額の買取に対応しており、必要書類が少ないので、比較的審査が甘いファクタリング業者と言われています。

手数料を下げながら、より多くの売掛金を現金化したい人におすすめです。

\オンライン完結でスピードを追求!/

ペイトナーファクタリング|最短10分で入金される

paytner factoring - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:ペイトナーファクタリング
ファクタリング名ペイトナーファクタリング
最短入金最短10分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額初回:最大25万円

2回目以降:最大100万円
オンライン対応
提出書類請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

直近3か月の銀行口座入出金明細
運営会社ペイトナー株式会社
詳細をチェック公式サイト

ペイトナーファクタリングは、最短10分という脅威の入金スピードを実現しているファクタリングサービスです。

事業契約書などの書類を用意する必要はなく、Webから申し込むだけでスムーズに手続きが完了します。

ペイトナーファクタリングのおすすめポイント
  • 最短10分で入金
  • 利用手数料が10%で固定
  • ファクタリングの利用が取引先に知られない

ペイトナーファクタリングは最短10分で入金してくれます

即日入金に対応している業者は多いものの、10分で入金してくれるファクタリング業者はほとんどありません。

即日ファクタリングで資金を調達するなら、ペイトナーファクタリングを利用しましょう。

利用手数料が10%で固定なため、資金繰りの見通しを立てやすいのもメリット。

ペイトナーファクタリングは2者間ファクタリングに対応しているので、ファクタリングの利用が取引先に知られることも基本的にありません。

とにかく早くまとまった資金を用意したいフリーランスは、ペイトナーファクタリングで資金調達しましょう。

\最短10分の入金スピード!/

えんナビ|償還請求権なしのファクタリング業者

ennavi - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:えんナビ
ファクタリング名えんナビ
最短入金最短翌日
手数料非公開
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額50万円~5,000万円
オンライン対応
提出書類非公開
運営会社株式会社インターテック
詳細をチェック公式サイト

えんナビは、償還請求権なしのファクタリング業者です。

償還請求権とは、債権を全額請求できる権利のこと。

償還請求権がないため、仮に取引先が倒産して売掛金を回収できなかった場合は、ファクタリング会社への送金義務がなくなります。

えんナビのおすすめポイント
  • 最短翌日に資金調達が可能
  • 50万円から買取を依頼できる
  • 安心のノンリコース契約

50万円から買取を依頼できるので、少額の売掛金を現金化したいフリーランスに向いています。

簡単査定はわずか30秒で完了するので、自分がどのくらいの手数料でファクタリングを利用できるか気になる人は、気軽に利用してみてください。

\土日祝日も対応しているファクタリング!/

関連記事:えんナビの口コミや評判

PAYTODAY|AI審査で手続きを簡素化

paytoday - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:PAYTODAY
ファクタリング名PAYTODAY
最短入金最短30分
手数料1%~9.5%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額10万円~上限なし
オンライン対応
提出書類直近の確定申告書B一式(勘定科目内訳明細書 含)
全ての事業用個人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細(通帳コピーorインターネットバンキングの明細etc.)

買取を希望する請求書

申込人の本人確認書類(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)
運営会社Dual Life Partners株式会社
詳細をチェック公式サイト

PAYTODAYは、AI審査で手続きを簡素化しているファクタリングサービスです。

面談不要で審査が完了するので、「審査緩い」「審査甘い」といった条件でファクタリング業者を探している人に向いています。

PAYTODAYのおすすめポイント
  • AIによる審査で申し込みもオンライン完結できる
  • 最短30分で即日入金
  • 手数料が1〜9.5%

最短30分で即日入金に対応しているなど、手続きの緩さ以外にも魅力があります。

また、フリーランス向けのファクタリングは手数料が10%を超えることも珍しくありませんが、PAYTODAYなら最大でも9.5%しかかかりません。

個人・法人を問わず、幅広く対応しているファクタリングサービスなので、他社で1度断られたフリーランスにもおすすめです。

\オンライン完結で最短即日振込に対応!/

FREENANCE|万が一に備えるフリーランスの味方

freenance - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:FREENANCE
ファクタリング名FREENANCE
最短入金最短即日
手数料3%~10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額非公開
オンライン対応
提出書類公的身分証(運転免許証・マイナンバーカード)
請求書など取引内容がわかる書類
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
詳細をチェック公式サイト

FREENANCEは、大手通信グループ「GMO」傘下のGMOクリエイターズネットワーク株式会社が運営しているお金と保険のサービスです。

利用する際はフリーナンス口座を開設する必要がありますが、即日入金に対応しているファクタリングの機能のほか、「あんしん補償」などの保険サービスを利用できます。

FREENANCEのおすすめポイント
  • フリーナンス口座を使えば使うほど手数料が下がる
  • あんしん補償で万が一に備えられる
  • 入金は即日対応

FREENANCEのファクタリング手数料は3〜10%ですが、フリーナンス口座を使うほど手数料は下がります

即日入金にも対応しているので、すぐにまとまった資金が必要になった際も安心です。

あんしん補償をはじめとする保険サービスに加え、バーチャルオフィスや決済リンクつきビジネスカードを利用できる点も見逃せません。

「Adobe CC」のソフトを15%OFFで利用できるため、フリーランスクリエイターにはとくにおすすめです。

\累計利用人数など7部門でNo.1を獲得!/

トップ・マネジメント|独自のノウハウで高い成約率を誇る

top management - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:トップ・マネジメント
ファクタリング名トップ・マネジメント
最短入金最短即日
手数料2者間:3.5%~12.5%

3者間:0.5%~3.5%程度
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額売掛先1社に対しての上限は1億円まで

買い取り上限総額は3億円まで
オンライン対応
提出書類事業主様の本人確認書類

売却希望(売掛金)の請求書

昨年度の決算書

直近7ヶ月の入出金明細
運営会社株式会社トップ・マネジメント
詳細をチェック公式サイト

トップ・マネジメントは、創業13年の実績と独自のノウハウにより、ファクタリングにおいて高い成約率を誇る会社です。

業種別にさまざまな種類のファクタリングサービスを提供しており、利用者のニーズに沿った提案をおこなっています。

トップ・マネジメントのおすすめポイント
  • ファクタリングの成約率が高い
  • 顔の見えるファクタリング会社として信頼しやすい
  • ファクタリングサービスのラインナップが豊富

とくに、ファクタリングサービスを豊富に用意している点が魅力です。

2者間や3者間といった従来のファクタリングサービスに加え、専用口座を開設する「電ふぁく」というサービスも展開しています。

税金滞納や赤字決算などを理由に、他社でファクタリングを断られた人も利用できる可能性があるので、ぜひ利用を検討してみてください。

\広告・IT関連の事業者におすすめ!/

アクセルファクター|早期申し込みで手数料が割引される

accelfacter 1 - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:アクセルファクター
ファクタリング名アクセルファクター
最短入金最短即日
手数料~100万円:10%~

101~500万円:5%~

501~1,000万円:2%~

1,001万円~:相談次第
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額30万円~
オンライン対応
提出書類売掛金が確認できる書類(請求書等)

入金が確認できる預金通帳

直近の確定申告書(所得税又は法人税)

代表者様の身分証明書

【必要に応じて】
納税証明書(又は納付書や領収書)

印鑑証明書

取引先様との契約書
運営会社株式会社アクセルファクター
詳細をチェック公式サイト

アクセルファクターは、業界では珍しい「早期申込割引」を実施しているファクタリング業者です。

60日前の申し込みで2%、30日前なら1%の手数料が割引されます。

アクセルファクターのおすすめポイント
  • 早期申込割で手数料最大2%引き
  • 原則即日入金に対応
  • 少額の売掛金の買取にも対応

早期申込割以外にも、入金スピードや対応の柔軟性に魅力があります。

原則即日入金に対応しているのですぐに資金を用意できるほか、最低30万円から買取に対応しているので、売上の少ないフリーランスでも利用可能です。

資金を用意する期日に余裕がある人は割引が適用されるため、早めに申し込みましょう。

\審査通過率93%の高水準!/

関連記事:アクセルファクターの評判

GMOフリーランスファクタリング|手数料が一律9.5%でわかりやすい

gmo freelance - フリーランスにおすすめのファクタリング業者9選を徹底比較【2024年3月最新】
画像出典:GMOフリーランスファクタリング
ファクタリング名GMOフリーランスファクタリング
最短入金最短30分
手数料一律9.5%
契約方式2者間
対象個人
買取可能額非公開
オンライン対応
提出書類請求書
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
詳細をチェック公式サイト

GMOフリーランスファクタリングは、一律9.5%の手数料を設けているファクタリングサービスです。

手数料が明確に提示されているので、予算の見通しを容易に立てられます。

GMOフリーランスファクタリングのおすすめポイント
  • 最短30分で審査が完了する
  • 審査書類は請求書のみ
  • 東証スタンダード上場・GMOペパボの連結企業が運営しているので信頼しやすい

GMOフリーランスファクタリングは、登録も不要でファクタリングの審査がすぐに完了します。

請求書のみを提出すればよいので、審査完了まで身分証や通帳などを提出する必要がありません。

審査に通りやすいので「審査緩い」「審査甘い」といった条件でファクタリング業者を探しているフリーランスにおすすめです。

\会員登録不要で利用できる!/

フリーランスがファクタリング業者を選ぶポイント

フリーランスがファクタリング業者を選ぶ際は、以下5つのポイントがあります。

  • フリーランスでも利用できるか
  • 少額から利用できるか
  • 審査通過率が高いか
  • オンラインで完結するか
  • 入金スピードが早いか

とくに、法人のみに対応しているファクタリング業者も存在するため、対象者をチェックしておくことは大切です。

フリーランスでも利用できることを前提とし、利用額や審査通過率などにも目を向けましょう。

フリーランスでも利用できるか

フリーランスが利用できるファクタリングかチェックしましょう。

ファクタリング業者のなかには、法人しか受け付けていない業者も存在します。

法人限定のファクタリングはフリーランスの利用を受け付けていません。

フリーランスの利用可否をチェックする際は、公式サイトのアピールポイントに目を向けましょう。

フリーランスに対応しているファクタリング業者であれば、「フリーランス・個人事業主でも利用可」の記載があります。 

どんなに条件がよいファクタリング業者でも、フリーランスに対応していなければ意味がないので、ファクタリング業者を選ぶ際は最初にチェックしましょう。

少額から利用できるか

フリーランスは少額から利用できるファクタリング業者を選びましょう。

売掛金が比較的少額になりやすいフリーランスの場合、50万円や100万円を最低金額に設定しているファクタリング業者を利用するのは困難です。

ほとんどのファクタリング業者は、最低買取金額を設定しています。

ラボルのように、1万円から買い取ってくれるファクタリングサービスもあります。

あなたの事業規模や売掛金にもよりますが、数万円から10万円程度から利用できるファクタリング業者を選んでください。

フリーランスは資金繰りが大変

売上の発生日から手元に入金されるまでの期間である支払いサイトが長いと、資金繰りが大変です。

支払いサイトが長いほどすぐに使えるキャッシュがないため、事業だけでなく普段の生活に影響を及ぼすことも。

事業の利益が生活資金でもあるフリーランスこそ、ファクタリングを利用するのがおすすめです。

審査通過率が高いか

信用情報などの観点で審査落ちが不安なフリーランスは、審査通過率が高いファクタリング業者を選びましょう。

ファクタリング業者の多くは公式ページで審査通過率を載せているので、1度確認しておくことをおすすめします。

審査通過率が95%を超えているファクタリング業者は、比較的審査が甘いと考えて問題ありません。

なかには、AIに査定を任せているスピード重視のファクタリング業者も存在します。

逆に、提出書類が多く審査が厳しいファクタリング業者も存在するので注意しましょう。

ファクタリングの必要書類が少ないほうが、審査に通過しやすいです。

オンラインで完結するか

申し込みの手間を軽減したい人や早く資金調達したいフリーランスは、オンライン完結型のファクタリングサービスを利用しましょう。

その名のとおり、申し込みから入金までの一連の流れがすべてオンラインで完結するので、来社する手間や時間がかかりません。

最近ではWebフォームを入力して必要書類さえ提出すれば、電話すら必要ないファクタリング業者もあります。

お互いにやり取りの手間がかからない分、入金スピードも早くなりやすいのがメリットです。

入金スピードが早いか

申し込みから入金までのスピードは、ファクタリング業者によって異なります。

資金繰りが一刻を争う状況なのであれば、入金スピードを重視してファクタリング業者を選びましょう。

入金スピードは、各ファクタリングサービスの公式ホームページに記載されているケースがほとんどです。

多くのファクタリング業者は、即日入金に対応していることを強みとしているので、目立つ場所に記載されています。

2者間ファクタリングがおすすめ

入金スピードを重視する場合は2者間ファクタリングを利用しましょう。

3者間ファクタリングは取引先にも了承を得る関係で、入金までに時間がかかります。

フリーランスがファクタリングで資金調達するデメリットや注意点

フリーランスがファクタリングで資金調達するデメリットや注意点は以下のとおりです。

  • 請求書のみや通帳なしで利用できるファクタリング業者はない
  • 手数料がかかるので利益が減る
  • 審査落ちする可能性がある
  • 3者間取引なら契約先にバレる

ファクタリングは、売掛金を早期に現金化できる便利なサービスですが、フリーランスにとってはデメリットや注意点も存在します。

とくに、ファクタリングに手数料がかかる点には注意が必要です。

売上から10%程度の手数料を引かれ、本来得るはずだった利益が減ってしまうので、資金繰りに余裕があるフリーランスにはおすすめできません。

請求書のみや通帳なしで利用できるファクタリング業者はない

基本的に請求書のみでファクタリングは利用できません。

請求書に加えて、通帳や売掛先との契約書などが必要です。

ファクタリング業者が売掛先の信用情報を判断するために、通帳で申し込み企業と売掛先の取引履歴を確認するためです。

ファクタリング会社が架空の売掛債権を買い取らないように対策する意図もあります。

ただし、事前に請求書と通帳さえ用意しておけば、書類の準備にほとんど手間取ることはありません。

ファクタリングの必要書類は、各ファクタリングサービスの公式ページにも記載があるので事前に確認しておきましょう。

手数料がかかるので利益が減る

ファクタリングを使いすぎると逆にキャッシュフローを悪化させることにもなりかねません

ファクタリングはキャッシュフローを一時的に改善できる便利なサービスですが、利用時は必ず手数料がかかるからです。

ファクタリング業者によって異なりますが、手数料は売掛金の10%程度が引かれます。

フリーランスは法人に比べて信用力が低く、その分手数料も高くなりやすいです。

ただし、どうしてもファクタリングの利用が必要なケースもあるので、利益をなるべく残すために手数料の低いファクタリング業者を選びましょう。

審査落ちする可能性がある

ファクタリングは比較的審査が通りやすいサービスですが、審査落ちする可能性があります。

売掛先の信用力を加味して契約の可否が判断されるので、売掛先の事業規模次第では審査落ちするケースも。

審査なしのファクタリング業者は悪徳業者の可能性があるため危険です。

審査で信用情報を確認しない業者は、融資契約を結んで担保や保証人を要求することがあります。

ただし、なかには審査甘い・審査緩いファクタリング業者があるので、審査落ちが不安な人は審査通過率の高い業者を選びましょう。

3者間取引なら契約先にバレる

3者間取引を利用すると、契約先にバレてしまいます。

ファクタリングには2者間と3者間の2種類の契約形態があり、それぞれの違いは以下のとおりです。

2者間ファクタリング3者間ファクタリング
契約先にファクタリングの事実が知られない
手数料が高くなりやすい
入金スピードが早い
契約先にファクタリング会社から通知される
手数料は抑えやすい
入金スピードは遅い

2者間と3者間の大きな違いは、ファクタリングに関わる契約者の数です。

2者間はファクタリング業者と自分のみが契約し、3者間の場合は契約先(売掛先)の企業も関わることになります。

3者間ファクタリングを利用すると、ファクタリングの事実が契約先にバレるので注意してください。

資金繰りが不安定であることを知られて信用を失う可能性があるため、フリーランスがファクタリングを利用するなら基本的には2者間がおすすめです。

秘密厳守を強みとしているファクタリング業者も多いです。

契約先にファクタリングの利用を知られたくない人は、秘密主義なファクタリング業者を選びましょう。

フリーランスがファクタリングで資金調達するメリット

フリーランスがファクタリングを利用することには、以下3つのメリットがあります。

  • すぐに現金を用意できる
  • 信用情報に悪影響を及ぼさない
  • 保証人や担保がなくても利用できる

法人と比べて信用力の低いフリーランスでも、すぐに現金を用意できるのが大きなメリットです。

銀行の融資や借金を断られたフリーランスでも、ファクタリングなら資金調達できる可能性があります。

すぐに現金を用意できる

ファクタリングの最大のメリットともいえるのが、すぐに現金を用意できることです。

即日入金を強みとしているファクタリング業者が多いため、必要なときに必要な金額を用意できます。

最近ではオンライン完結型のファクタリングサービスも多いので、来社のための手間や時間もかかりません。

一方、銀行で融資を受ける場合などは審査に多くの時間がかかるため、1ヶ月以上待たされることもあります。

現金をすぐに用意しなければならない状況になった際は、ファクタリングの利用がおすすめです。

信用情報に悪影響を及ぼさない

ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらうサービスなので、信用情報に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。

信用情報とは

信用情報とは、各種金融取引における実績を登録した情報のことです。

金融関係の会社が顧客の信用を判断する際に利用しています。

一方、以下の取引は信用情報に悪影響を及ぼすことがあります。

  • 銀行からの多額の融資
  • 複数社からの借入
  • 代位弁済
  • 債務整理
  • 携帯料金の滞納

上記に挙げた例のように、借入や支払い遅延に該当する行為は信用情報に悪影響を及ぼします。

信用情報に傷がつくと、今後新たな融資やローンの審査が通らなくなり、キャッシュフローが厳しくなることは明白です。

ただし、ファクタリングの利用は信用情報機関に実績が登録されないため、信用情報が傷つくことは基本的にありません。

日常生活はもちろん、事業を円滑に進めるためにも、多額の資金が必要になった際はファクタリングを利用しましょう。

保証人や担保がなくても利用できる

ファクタリングは、売掛債権を証明する書類さえ提出すれば、保証人や担保がなくても利用できます。

資金調達のハードルが低く、準備に手間取らない点が大きなメリットです。

一方、以下のサービスを受ける際は保証人や担保を求められるケースがあります。

  • 銀行の融資
  • 借入
  • 各種ローン
  • 賃貸契約

とくに、多額の融資や借入を受ける際は、相応のリスクを負います。

ただし、フリーランスが保証人や担保を用意するのは困難なため、融資や借入といった選択肢は誰にでも選べるわけではありません。

ファクタリングは融資や借入と比べて資金調達のハードルやリスクが少ないので、ぜひ利用を検討してください。

ファクタリングの契約からお金を受け取るまでの流れ

フリーランスが、ファクタリングの契約からお金を受け取るまでの流れを見ていきましょう。

STEP
無料で申し込む

まずは、利用するファクタリングサービスの公式ホームページにアクセスし、無料申し込みましょう。

申込方法はファクタリング業者によって異なりますが、Webフォーム・電話・LINEが主流です。

STEP
必要書類を提出する

ファクタリングの申し込み後は、以下のような書類の提出を求められます。

  • 契約書
  • 売掛金の証明書類(請求書・納品書など)
  • 通帳のコピー
  • 身分証明書

ほかにも、印鑑証明書や決算書などの提出を求められるケースもあります。

必要書類はファクタリング業者によって異なるので、事前に公式ホームページで確認してください。

STEP
審査を受ける

審査では、提出した書類をもとに売掛先の信用情報を確認されます。

所要時間はファクタリング業者によって異なりますが、早ければ30分で完了するサービスもあります。

STEP
契約する

審査通過後は、ファクタリングの契約を結びます。

契約方法は対面・オンラインの2種類があり、オンラインであればクラウドサービスで契約を結ぶのが主流です。

対面で契約を結ぶ際は、実印や印鑑証明が必要なケースもあります。

STEP
入金される

契約完了後は、ファクタリング業者から指定口座へ入金されます。

入金速度はファクタリング業者によって異なるものの、即日入金に対応している業者がほとんどです。

2者間契約を結んだ場合は、取引先から売掛金が入金され次第、ファクタリング業者へ入金しましょう。

フリーランス向けファクタリングに関してよくある質問

フリーランス向けファクタリングに関してよくある質問をまとめました。

  • 審査に落ちたらどうすればいい?
  • 売掛先が個人でもファクタリングを利用できる?
  • ファクタリング以外でフリーランスが資金調達する方法は?

とくに、審査落ちした際の対応や売掛先の条件が気になるフリーランスは多いです。

気になる疑問は事前に解消してからファクタリングを利用しましょう。

審査に落ちたらどうすればいい?

審査に落ちた場合は、別のファクタリング業者を利用しましょう。

ファクタリングの審査落ちは信用情報に影響を及ぼさないため、1社目で審査落ちしても次回以降の審査に通りづらくなることはありません。

ファクタリングの審査の仕組みは業者ごとに異なるので、別のファクタリング業者の審査なら通るケースもあります。

審査の通過率をホームページに記載しているファクタリング業者もあるため、審査に落ちたフリーランスは審査通過率の高いファクタリング業者で再申し込みしましょう。

売掛先が個人でもファクタリングを利用できる?

売掛先が個人の場合、ファクタリングを利用するのは困難です。

多くのファクタリング業者は、売掛先を信用力の高い法人のみに限定しているので、そもそも申し込めないケースも存在します。

売掛先が法人に限定されているのは、以下2つの理由が考えられます。

  • 個人は法人よりも信用力で劣る
  • 個人相手だと事業の実態が掴みにくい

ファクタリング業者は、リスクを軽減するための方法として売掛先を法人に限定しています。

売掛先が個人の場合はファクタリングを利用するのが難しいので、ほかの方法で資金調達を検討しましょう。

ファクタリング以外でフリーランスが資金調達する方法は?

フリーランスがファクタリング以外で資金調達する方法としては、国の補助金やビジネスローンが挙げられます。

国の補助金では、以下が実施されています。

補助金は返済の必要がないので、条件を満たせるなら積極的に利用するのがおすすめです。

一方、ビジネスローンは、事業資金専用のローン商品を指しています。

保証人や担保が基本的に必要なく、総量規制の対象にならないことから、多くの資金を調達できるのがメリットです。

取引先の事業形態などが原因でファクタリングを利用できないフリーランスは、補助金やビジネスローンの活用も検討してみてください。

フリーランスでもファクタリングを利用できる

ファクタリングは、フリーランスでも手軽に資金調達できる便利なサービスです。

即日入金に対応しているフリーランス向けのファクタリングサービスも多いので、キャッシュフローが急激に悪化した際でも事業のピンチを救えます。

フリーランスが入金スピードや審査の通りやすさを重視するならペイトナーファクタリングを利用しましょう。

利用するファクタリング業者によっては、フリーランスの利用に対応していないケースもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

ファクタリングを利用する際は、当記事で紹介した契約の流れや注意点も参考にしてみてください。

\最短10分の入金スピード!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次