ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?

本ページはプロモーション(広告)が含まれています。
ファクタリングの必要書類が少ない業者は?

ファクタリングの審査には必要な書類が多く、売掛先との取引情報を証明する書類に加えて銀行口座や印鑑証明などがあります。

しかし、ファクタリング業者のなかには提出書類が2〜3種類のみの業者も少なくありません。

この記事では、ファクタリングの必要書類が少ない業者を7つ紹介します。

記事の内容を参考にすれば、最短即日でスムーズに資金調達できます

必要書類が少ないファクタリング業者なら、個人事業主もファクタリングを利用しやすいです。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
FREENANCE
32b93e89fcd302c79e4ae5d1137cce17 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
最短入金最短2時間最短10分最短即日
手数料1%〜一律10%3%~10%
契約方式2者間2者間2者間
必要書類請求書

通帳
請求書

本人確認書類

銀行口座入出金明細
公的身分証
請求書
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト
目次

請求書のみでファクタリングは利用できない

大前提として、請求書のみでファクタリングの審査は原則的に通りません

ファクタリングにおいて、どんなに審査が通りやすいと評判のある業者にも以下2点の書類が求められます。

  • 請求書など売掛債権に関する資料
  • 通帳のコピー

請求書だけでファクタリングを利用できないのは、業者と償還請求権のない契約を結ぶからです。

償還請求権とは?

償還請求権とは、お互い事前に債務の責任範囲を決めておかず、金銭や債権を請求できる権利を指します。

簡単に言うと「お金が返ってこない責任を誰が負うのか」という話です。

利用者の売掛先が業績不振などにより倒産し、債権を回収できなかった場合も、ファクタリング業者は返金を請求できません。

ファクタリングは現金の貸付ではなく、債権の売買や譲渡を行う契約だからです。

ファクタリング業者は以上のリスク回避のため、利用者の売掛先との取引履歴が実在するのかチェックする必要があります。

通帳がない場合、個人や法人に関わらずファクタリングは利用できません。

請求書や通帳のコピーなど最低限必要な書類を揃えれば、即日でファクタリングを利用できます。

ファクタリングのおもな必要書類

ファクタリングにおいて、業者に提出を求められやすい必要書類は以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 印鑑証明書
  • 通帳のコピー
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛金の証明資料
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 登記簿謄本(法人の場合)
  • 決算書(法人の場合)

支払いサイトが長い場合、ファクタリングは手元に現金を用意するための有効な手段です。

必要書類を揃えて、ファクタリングで資金調達しましょう。

身分証明書

身分証明書は、ファクタリングの審査で必ず求められる書類です。

ファクタリングの審査で使える身分証には、以下などがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • マイナンバーカードなど

顔付きの身分証明書を求められるかどうかは、ファクタリングの審査を行う業者によって異なります。

特に個人事業主やフリーランスがファクタリングする場合、ほとんどの業者で顔付きの身分証明書が必要です。

審査に申し込むときは、顔つきの身分証明書2種類以上用意しておくと良いですよ。

運転免許証やパスポートなどを提出する場合、期限が切れていると利用できません。

身分証明書は、必ず有効期限内のものを使用してください。

印鑑証明書

印鑑証明書とは、ファクタリングの書類に捺印された印鑑が実印であることを証明する書類です。

ファクタリング業者との契約を交わす際には、書類への署名を求められます。

契約書類には本人の署名に加えて、実印での押印が必要です。

実印とは?

実印とは、 あなたが居住している市区町村に届け出を行うことで作成できる印鑑を指します。

100円ショップなどで販売されている印鑑は、実印ではありません。

実印はファクタリングに止まらず、住宅ローンや保険への加入など、お金に関する様々な局面で必要になるものです。

通帳のコピー

通帳に記入されている内容は、ファクタリング業者が利用者の取引先となる企業の存在や入金履歴を把握するために必要な書類です。

通帳なしの場合、請求書があってもファクタリングの審査に通ることはありません。

ファクタリングの審査時に提出する書類には、過去3ヶ月以内の取引および入金履歴があると理想的です。

オンラインの非対面でファクタリングを申し込む場合、事前にネットバンクで通帳のコピーを用意しましょう。

ネットバンクを開設していない場合、手元にある通帳や取引履歴の行の写真を撮影してください。

売掛先との基本契約書

ファクタリングを利用する際には、売掛先企業との基本契約書が欠かせません。

売掛先企業との基本契約書は、取引が実際に長期的かつ安定して行われていることを証明する書類です。

基本契約書には一般的に、以下の事項が記入されています。

  • 契約の適応範囲
  • 納品物に対する瑕疵担保責任
  • 事前に決定した商品・サービスの価格や納期など

売掛先との基本契約書は、売掛先と実際に行った取引における請求書や納品書を用意できない場合にも役立ちます。

売掛先との取引の実在を証明するためにも、基本契約書をしっかり準備しましょう。

フリーランスもファクタリングできる

必要書類を揃えれば、フリーランスもファクタリングで資金を調達でききます。

個人事業主と同じくフリーランスのファクタリングでも最低限必要な書類は同じです。

売掛金の証明資料

売掛金の証明資料は、ファクタリングにおける取引の存在を確認する大切な資料です。

取引先との売掛金を証明できる資料には、以下などがあります。

  • 請求書
  • 発注書
  • 納品書
  • 個別契約書など

以上の書類は、取引先とのお金のやり取りが実際に発生していることがわかる書類です。

それぞれの書類が発生するペースや、入金の額といった情報も審査の通過率を左右する重要なポイントです。

直近3ヶ月において最も信頼性が高い、かつ取引が長い顧客との売掛金の証明資料を用意しましょう。

確定申告書

確定申告書は、利用者の前年度の所得状況が一目でわかる書類です。

法人の場合は決算書が一般的ですが、個人事業主やフリーランスの場合は確定申告書の提出を求められます。

ファクタリングにおける確定申告書は、利用者がどんな事業でいくら稼いでいるか証明できるので、信頼性をアピールする材料にできます。

過去3期分の確定申告書類があれば、事業の継続性も証明できるのでおすすめです。

開業したてで前年度の確定申告書類を用意できない人は、ファクタリング業者に直接相談しましょう。

納税証明書

納税証明書は、利用者が以下の税金をしっかり納めているかを業者が見極めるうえで必要な書類です。

  • 所得税
  • 住民税
  • 法人税(法人の場合)
  • 固定資産税(保有している場合)など

納税証明書を準備しておくことで、業者にとっても信頼性において最低限のリスクが軽減されます。

期限を過ぎているのに支払いが完了していない税金がある人は、ファクタリングを行う前に納付しておきましょう。

納税の義務があるにも関わらず、確定申告書類の提出や入金を怠っている場合も審査が通らない原因です。

登記簿謄本(法人の場合) 

登記簿謄本は、法人の場合に以上7つの書類に加えて提出を求められる書類です。

登記簿謄本には、一般的に以下の書類が含まれます。

  • 履歴事項全部証明書
  • 現在事項証明書
  • 閉鎖事項証明書

登記簿謄本の取得は、管轄法務局の窓口へ出向いて手続きする必要があります。

手続きは複雑で面倒なケースが多いものの、近年は登記簿謄本の提出を不要とするファクタリング業者も増えています。

法人としてのファクタリング審査を行う場合、事前に確認するべき項目として頭に入れておきましょう。

決算書(法人の場合) 

決算書は、登記簿謄本と同様に法人としてファクタリングを利用する際に提出を求められる書類です。

個人事業主やフリーランスのファクタリング審査では、決算書の代わりに確定申告書が求められるケースもあります。

法人における決算書は、ファクタリング業者にとって会社の財務状況をチェックするうえで欠かせません。

赤字決算が続いていたり、税金や諸々経費の未払い履歴が残っていたりすると、ファクタリング審査にも通りにくくなります。

今後法人としてのファクタリングを考えている人は、前もって業者に相談するのもおすすめです。

決算書が必要と言われた場合は、何期分の書類が必要かも確認しておきましょう。

必要書類が少ないファクタリング業者7選

ファクタリングの審査に必要な書類が少ない業者は、以下の7社です。

  • ビートレーディング
  • QuQuMo
  • ペイトナーファクタリング
  • ラボル
  • えんナビ
  • FREENANCE
  • 日本中小企業金融サポート機構

それぞれの業者が提供しているサービスは、必要な書類だけでなく相談から審査までのステップやスピードが異なります。

複数のサービスの特徴を比較しつつ、あなたの状況や事業規模に見合った業者を選びましょう。

スクロールできます
ファクタリング名QuQuMo
30d6314f8f52abf73cab795062529771 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
ペイトナーファクタリング
c1e4ae17b0e7d41d7b64100440ea5ab7 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
FREENANCE
32b93e89fcd302c79e4ae5d1137cce17 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
ラボル
535121eb8fe59067ac702c52736e7d1b - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
日本中小企業金融サポート機構
a408768ebf1f858328dbc4352d8d7eae - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
ビートレーディング
6b1848e4287d1fe510356b1cf90f43d5 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
えんナビ
e5cd98f0c0bc772a736ed2239c8a4718 - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
最短入金最短2時間最短10分最短即日最短60分最短3時間最短2時間最短翌日
手数料1%〜一律10%3%~10%一律10%1.5~10%2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
非公開
契約方式2者間2者間2者間2者間2者間、3者間2者間、3者間2者間、3者間
買取可能額無制限最大100万円(初回のみ25万円まで)非公開1万円~無制限無制限50万円~5,000万円
詳細をチェック公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

QuQuMo

QuQuMo - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:QuQuMo
ファクタリング名QuQuMo
最短入金最短2時間
手数料1%~
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額金額上限なし
オンライン対応
提出書類請求書

通帳
運営会社株式会社アクティブサポート
詳細をチェック公式サイト

QuQuMoは、少額から高額まで柔軟な審査をオンラインで完結できるファクタリングサービスです。

審査に申し込んでから、入金までのスピードはたった2時間

申し込みから見積もりまでの時間も1時間未満なので、わずか3時間前後で全てのステップを完了できます。

比較的審査が緩いため、個人事業主におすすめのファクタリング業者でもあります。

QuQuMoでファクタリングを申し込む場合、審査に必要な書類は請求書・通帳の2点だけです。

基本的には2者間での取引を行うので、取引先にファクタリングの利用がバレる心配もありません。

クラウドサインを導入しているサービスなので、時間があまりない人でもオンラインで相談から審査まで申し込めます。

面談や事務手数料のほか、債権譲渡登記も不要です。

スピーディかつ必要書類が少ないファクタリングなら、QuQuMoを利用しましょう。

\オンライン完結でスピードを追求!/

ペイトナーファクタリング

paytner factoring - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:ペイトナーファクタリング
ファクタリング名ペイトナーファクタリング
最短入金最短10分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額初回:最大25万円

2回目以降:最大100万円
オンライン対応
提出書類請求金額・支払期日が確定していて今後、契約条件の変更の恐れがないかつ申請日当日から支払い期日まで70日以内の請求書

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)

直近3か月の銀行口座入出金明細
運営会社ペイトナー株式会社
詳細をチェック公式サイト

ペイトナーファクタリングは、個人事業主やフリーランス向けのファクタリングサービスです。

請求書と通帳のコピーさえあれば、最短10分で売掛金に相当する額を現金で手に入れられます。

AIが指定された基準によって審査を行うので、担当者によって審査の結果が変わるといった心配もありません。

審査も比較的緩いと評判で、少額でも取引を証明できる履歴が通帳に残っていれば、かなりの確率で通過できます。

利用料は10%と明確に定められているので、支払う金額を不自然に増やされてしまうリスクがありません。

ペイトナーファクタリングは、1万円の少額から利用できるので、駆け出しの個人事業主やフリーランスにも重宝されています。

まずは少額からファクタリングを利用したい、入金日までの資金に困っている人は、ペイトナーファクタリングがおすすめです。

\最短10分の入金スピード!/

FREENANCE

FREENANCE - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:FREENANCE
ファクタリング名FREENANCE
最短入金最短即日
手数料3%~10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額非公開
オンライン対応
提出書類公的身分証(運転免許証・マイナンバーカード)
請求書など取引内容がわかる書類
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
詳細をチェック公式サイト

FREENANCEは、フリーランスや個人事業主向けのファクタリングサービスです。

登録後は、フリーナンス口座という便利なシステムが利用できます。

売掛先企業に発行した請求書の入金先をフリーナンス口座にすると、以下のサービスが利用できます。

  • あんしん補償Basicへの加入
  • 即日払いの審査への対応
  • 手数料の割引き

最大5,000万円まで補償のあんしん補償Basicは、フリーランスの一時的な財政難から守ってくれる貴重な制度です。

フリーナンス口座上の取引実績は、あなたの収入証明にもなるため、即日払いの審査に通る確率も上がります。

フリーナンス口座を利用する場合、即日払いを利用しても手数料が大きく下がります。

FREENANCEの手数料は3〜10%で、利用額によって異なる仕組みです。

フリーランスや個人事業主でお金の不安を少しでも解消したい人は、FREENANCEを利用しましょう。

\累計利用人数など7部門でNo.1を獲得!/

ラボル

labol - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:ラボル
ファクタリング名ラボル
最短入金最短60分
手数料10%
契約方式2者間
対象個人、法人
買取可能額1万円~必要な金額
オンライン対応
提出書類本人確認書類(免許証など)
請求書
通帳のコピー
取引先担当者が請求内容を了承していることが分かるメール・Slackメッセージ

LINEやChatworkなど、取引先担当者との連絡履歴

取引先からの過去の入金履歴

押印済みの発注書や契約書

その他取引を証明するエビデンス
運営会社株式会社ラボル
詳細をチェック公式サイト

ラボルは、1万円から利用可能な個人事業主・フリーランス向けのファクタリングサービスです。

比較的審査が甘いファクタリングとの評判があり、最短60分で完了する審査のスピードが売りで、報酬の即日払いにも対応しています。

オンラインで相談から入金まで完結できるので、わざわざ移動の時間を作る必要がありません。

ファクタリングの審査に必要な書類も、取引先未払い請求書と通帳のコピーさえあれば利用可能です。

請求書がない場合、ChatworkやSlackといったツール上でやり取りの履歴があればエビデンスとして通過できることもあります。

ラボルでは独自の審査基準を設けているので、カードや融資の審査に通らなかった人でも利用できるケースが多いです。

ラボルには返金期日を最大60日まで伸ばせる「ラボルカード払い」と呼ばれるシステムも存在します。

どうしても資金を調達したい、審査に落ちたらまずいと考えている人は、ラボルで資金調達しましょう。

\個人事業主やフリーランスにおすすめ!/

関連記事:ラボルの口コミや評判

日本中小企業金融サポート機構

chushokigyo support - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:日本中小企業金融サポート機構
ファクタリング名日本中小企業金融サポート機構
最短入金最短3時間
手数料1.5~10%
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額無制限
オンライン対応
提出書類通帳のコピー(表紙付き、3か月分)

売掛金に関する資料(請求書・契約書など)
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
詳細をチェック公式サイト

日本中小企業金融サポート機構は、最短30分とスピーディな審査が特徴的です。

ファクタリングにも強みを持ち、個人事業主やフリーランスでも審査が通りやすいとの評判があります。

即日入金が可能かどうかも、オンラインかつ無料で診断してもらえますよ。

ファクタリングの仕組みや事業に関するあれこれを解説しているページもあるので、情報収集にも使いやすいです。

M&Aや金融機関との連携など、個人事業主やフリーランスならではのお金の悩みにも柔軟に対応してくれます。

2024年1月時点の支援総額は110億円を超えており、サポート内容も大変豊富です。

申し込み時は屋号や住所に加えて、事業分野や規模を記入すれば、運営が最適な担当者を用意。

豊富な実績や、事業関連の相談相手を求める人は、日本中小企業金融サポート機構を利用しましょう。

\即日で資金調達するなら!/

関連記事:日本中小企業金融サポート機構の口コミ

ビートレーディング

betrading - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:ビートレーディング
ファクタリング名ビートレーディング
最短入金最短2時間
手数料2者間:4%~12%程度

3者間:2%~9%程度
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額無制限(参考:3万円~7億円の買い取り実績あり)
オンライン対応
提出書類売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)

売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
【書面による対面契約時のみ必要】
履歴事項全部証明書(1か月以内)

お客様の会社と会社の代表者様の印鑑証明書(1か月以内)

実印
運営会社株式会社ビートレーディング
詳細をチェック公式サイト

ビートレーディングは、5万社以上の資金調達実績を誇るファクタリングサービスです。

累計買取額は1,000億円を超えており、少額から高額の取引まで幅広く対応してもらえます。

審査に必要な書類は、通帳のコピーと取引先との請求証明になる書類だけです。

事前に準備する書類がたった2種類だけなので、即日ファクタリングを利用したい人におすすめ。

またビートレーディングの場合、基準が緩めでスピーディな審査をオンラインで受けられることも大きなメリットです。

ファクタリングの審査は最短2時間で完了するので、早い時間に申請すれば、その日中にお金を受け取れることも。

ファクタリングの相談から審査、入金までをオンラインで行えるので、地方に住んでいる人でも安心です。

ビートレーディングの店舗所在地

ビートレーディングは、対面で審査を受けたい事業者に向けて以下のエリアに店舗を展開しています。

  • 東京
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 福岡

上記エリアのうち、中小企業の数が多い福岡のファクタリング会社を探している事業者はビートレーディングがおすすめです。

支店も東京や大阪など国内6拠点にあるので、近くにお住まいの人は対面での手続きも選択できます。

少ない書類かつスピード感のある審査を重視するなら、ビートレーディングがおすすめです。

\まずはWebで見積もり依頼から!/

関連記事:ビートレーディングの口コミ

えんナビ

ennavi - ファクタリングの必要書類が少ない業者は?請求書のみでも利用できる?
画像出典:えんナビ
ファクタリング名えんナビ
最短入金最短翌日
手数料非公開
契約方式2者間、3者間
対象個人、法人
買取可能額50万円~5,000万円
オンライン対応
提出書類非公開
運営会社株式会社インターテック
詳細をチェック公式サイト

えんナビは、24時間365日の相談や審査対応を行っているファクタリングサービスです。

50万円~5000万円までの金額に対応しており、法人だけでなく個人事業主やフリーランスでも利用できます。

お客様満足度も93%以上と高く、2者間・3者間いずれのファクタリングも対応可能です。

秘密厳守により、取引先企業にファクタリングの利用がバレる心配もありません。

審査も甘いと評判のほか、30秒で完了できる簡単査定もあるので、まず審査できるかどうか知りたい人でも安心です。

ファクタリングの仕組みや事例も解説しているので、情報収集や勉強から始めたい人も、えんナビの利用がおすすめです。

\土日祝日も対応しているファクタリング!/

関連記事:えんナビの口コミや評判

ファクタリングの必要書類に関してよくある質問

ファクタリングの必要書類に関して、よくある質問は以下の通りです。

  • ファクタリングは通帳なしでも利用できる?
  • 通帳のコピーを出したくないんだけど通帳偽造はバレる?
  • ファクタリングの審査は誰でも通る?
  • ファクタリングで返済しないとどうなる?

それぞれの質問への答えに加えて、知っておくと便利な知識も解説します。

ファクタリングは通帳なしでも利用できる?

結論から言うと、通帳なしで利用できるファクタリングのサービスはありません。

ファクタリングを申し込むには、原則的に売掛債権に関する資料と通帳が必要です。

通帳なしの場合、ファクタリングで資金を調達するどころか、審査にすら進むことはできません。

通帳は取引先の実在と、お金のやり取りの発生を証明する大切な書類です。

ファクタリングを活用したい人は、必ず通帳のコピーを事前に用意しておきましょう。

通帳のコピーを出したくないんだけど通帳偽造はバレる?

通帳を偽造してファクタリング審査を行うことは、原則的に違法です。

通帳偽造は私文書偽造罪にあたるため、一度でも見つかると刑事罰を受けることになります。

印鑑や署名がある場合は有印私文書偽造罪となり、懲役刑に課されることも。

中でも取引先企業と業者がやり取りを行う3者間ファクタリングの場合、通帳の偽造は100%バレてしまいます。

ファクタリングの審査で書類を提出するときは、通帳の偽造は絶対にしないよう心がけましょう。

ファクタリングの審査は誰でも通る?

ファクタリングの審査が甘いと評判なサービスは多々ありますが、誰でも通るサービスは存在しません

そもそも誰でも通る場合、審査そのものの存在意義がなくなります。

ファクタリングの審査は、業者側が利用者へ渡した債権を回収できるリスクを軽減するために行われるものです。

請求書や通帳上にある取引履歴は、企業側にとっても安心して入金できる信頼材料でもあります。

ファクタリングサービスにおいて、誰でも通る審査は存在しないと覚えておきましょう。

ファクタリングで返済しないとどうなる?

ファクタリングで調達したお金を返済しない行為は、詐欺または横領にあたります。

ファクタリング自体は償還請求権のない契約なので、売掛先が倒産しても業者側から利用者に返金を促すことはできません。

しかし、利用者が調達した資金を横領したり、使い倒して返済できなくなったりすると、詐欺罪や横領罪に問われます。

窃盗と同じような扱いになるので、刑事罰や懲役刑を受けることは避けられません。

ファクタリングで調達した資金は、業者からの催促がなくても期限内に返済できるよう、資金の運用計画を立てておきましょう。

必要書類を早めに準備してファクタリングを利用しよう

ファクタリングでは、いくら必要書類が少ない業者でも請求書のみでは審査に通過できません。

提出を求められる書類はサービスによって異なりますが、中には請求書と通帳のコピーだけで審査が通る業者も存在します。

請求書や通帳のコピーは、業者に取引先との金銭のやり取りが存在していることを証明する大切な書類です。

フリーランスや個人事業主向けのファクタリングサービスでは、審査が甘く必要な書類が少ないことも珍しくありません。

必要書類が少ないといっても、一つでも欠けてしまうと審査を受けられないので注意してください。

あなたの事業規模や必要な金額、入金までのスピードなど、様々な条件を比較して最適なファクタリングサービスを選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社ドミニオンの代表取締役として、2016年4月18日に会社を設立。WEBメディアの企画・立案・運営の経験から、WordPressやレンタルサーバー、さらには副業含むフリーランス育成に関することも行っています。

目次