横浜流星の鎖骨も見どころ!?「衣装にもこだわり」『きみの瞳』監督が暴露! | RBB TODAY

横浜流星の鎖骨も見どころ!?「衣装にもこだわり」『きみの瞳』監督が暴露!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
  • (C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
  • (C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
  • (C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
  • (C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.
 23日公開の映画『きみの瞳が問いかけている』の先行上映で、主演の吉高由里子・横浜流星と三木孝浩監督が舞台挨拶に登壇した。


 観客を入れての舞台挨拶は、本作にとってこの日が初めて。久々の恋愛映画に吉高は「恋愛もの自体が久しぶりだったので新鮮でした。でも甘いセリフもなくて大人な感じでやれたので、心を落ち着かせながらできました。しかも今までしたことのないことも疑似体験させていただき…ありがとうね!ははは!」と照れつつ相手役の横浜に感謝を述べた。

 横浜は「人を想うこと、そして愛についても凄く考えさせられた。自分も大切な人ができたときに、今回演じた塁のような人間になりたいと思った。リスペクトの心を持って演じましたし、塁は男として生き方がカッコいい」役どころの魅力を強調。

 吉高と横浜は初共演ながらも、三木監督が絶賛するほどの仲。吉高から「手押し相撲が強いと言っていたけれど、私が勝ったよね!?」と暴露された横浜は「手押し相撲は撮影現場でやりましたが、たしかに負けました。吉高さんは強いです…」と敗北宣言。

 また、吉高について横浜は「太陽みたいな人。現場のみんなに癒しと安らぎと光を与えてくれる人で、天然ではなくてみんなのことを思ってやっている。気遣いの方。みんなを笑かそうとしたりして、そこまで気が回るのは座長としても素晴らしい。視野が広くて、その立ち振る舞いもお芝居もすべて学ぶところが沢山ありました」と話した。

 最後に三木監督は「吉高さんとは何年かぶりの大人のラブストーリー。今回ご一緒できるのが嬉しかった」と話し、本作の見どころについては「流星君の鎖骨が綺麗です。それを見せる衣装にもこだわりました」とファン目線でアピール。横浜は「すべてが見どころ」と思いを込めて、吉高は「二人はいつ恋に落ちたのか?そこに注目してほしい。そして映画を観終わったら、SNSなどで私たちに感想を届けてほしいです」とメッセージを送りイベントは終了した。

 映画『きみの瞳が問いかけている』は、10月23日(金)より全国公開。
《かいこま》

関連ニュース

page top