電車マニア・六角精児が“廃線跡”をめぐる旅に!“奇跡の鉄橋”に遭遇 | RBB TODAY

電車マニア・六角精児が“廃線跡”をめぐる旅に!“奇跡の鉄橋”に遭遇

7月31日よる7時からは、『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)が放送される。

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 7月31日よる7時からは、『世界の何だコレ!?ミステリー』(フジテレビ系)が放送される。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 今回は、電車マニア六角精児が、今なお残る“廃線跡”をめぐる企画に出発。訪れたのは、大正時代に開通し、41年前に廃線となった岐阜県「北恵那鉄道線」の跡地。聞けば、その地には今も姿を変えずに残る“奇跡の鉄橋”があるとのこと。大自然の中、至る所に点在する廃駅・線路跡の光景。さらに車掌・運転士を務め、廃線まで見守った方や、実際に電車を利用していた方々に話を聞いていく。

 さらに、20世紀を代表する偉人、チャールズ・チャップリンだが、実は日本の“とあるもの”が好きで、2度も岐阜県を訪れていたのだそう。当時、チャップリンが訪問したという場所を訪ね、詳しい話を聞いていくことに。チャップリンが日本を愛した理由をさらに詳しく調べていくと、そこには、ある“日本人男性”との感動秘話が。その方は、なんとチャップリンの運転手を務めた方で、人気絶頂の大スターを献身的に支えたという。信頼を得ていたものの、ある日2人に突然の別れが・・・その理由とは?
《KT》

関連ニュース

page top