故・樹木希林さん出演の映画『日日是好日』、公開60日目に観客動員数100万人を突破 | RBB TODAY

故・樹木希林さん出演の映画『日日是好日』、公開60日目に観客動員数100万人を突破

茶道を通して、ひとりの女性が成長する姿を描いた映画『日日是好日』が、公開から60日目の12月11日に観客動員数100万人を突破したことが分かった。

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2018「日日是好日」製作委員会
  • (C)2018「日日是好日」製作委員会
 茶道を通して、ひとりの女性が成長する姿を描いた映画『日日是好日』が、公開から60日目の12月11日に観客動員数100万人を突破したことが分かった。


 大学生で20歳の典子(黒木華)は、自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで2人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった。

 先頃発表された第43回報知映画賞では、助演女優賞に樹木希林、監督賞に大森立嗣、第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞では助演女優賞に樹木希林が輝くなど話題の同作。平日、シニア層に支えられた同作だが、12月22日には、テアトル新宿での公開を記念して大森立嗣監督の舞台挨拶実施が予定されているなど、今後も話題を振りまいてくれそうだ。
《KT》

関連ニュース

page top