具志堅用高、ボクサー・比嘉大吾に恋愛禁止令!「女とネオン街は絶対NG」 | RBB TODAY

具志堅用高、ボクサー・比嘉大吾に恋愛禁止令!「女とネオン街は絶対NG」

エンタメ その他

比嘉大吾選手(c)Getty Images
  • 比嘉大吾選手(c)Getty Images
 WBC世界フライ級チャンピオンの比嘉大吾と具志堅用高の師弟コンビが2日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。比嘉が師匠の具志堅用高から「女とネオン街は絶対NG」と、“恋愛禁止令”を敷かれていることを告白した。

 「デビューから15戦連続KO勝ち」という日本記録保持者の比嘉大吾。そんな最強の男・比嘉は、育ての親である具志堅から“恋愛禁止令”を命じられているのだといい、「ネオン街に行かない」「女性と手をつながない」「おいしいものを食べるな」という3つの禁止項目があることを明かした。

 その理由について、具志堅は「(比嘉は)まだ若い。女性を覚えたら弱くなる」「女を覚えるとクセになる」と語り、「僕は26歳で引退してから結婚したから、『あと5年(恋愛を)我慢しなさい』と言っている」とも。

 一方、現在22歳の比嘉は「彼女はいないです」と“恋愛禁止令”を遵守していると語りつつも、合宿先で一緒になった女子大生や、試合会場にいる可愛い女性に思わず目が行ってしまうこともあるといい、「髪をかきあげる女性は誰でも好き」「胸はC、Dカップぐらいがいい」と女性に興味津々であることを告白。

 松本人志が思わず、「22歳ですし、手をつなぐぐらいだったら良いのでは?」と投げかけると、具志堅は「手をつないだあと、キスしちゃうんですよ。危ないんですよ」と強い警戒心を示し、「一番怖いのは女性ですよ」と、今まで女性問題でダメになった選手が数多くいたことを明言。具志堅自身の経験としても、現役時代に女性問題を会長に指摘されて「それを守ったことが、今となっては良かった」とし、ボクシング選手にとっていかに禁欲が大事であるかを力説していた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top