国産ジェット旅客機、三菱 MRJ が進空 | RBB TODAY

国産ジェット旅客機、三菱 MRJ が進空

エンタープライズ その他

愛知県営名古屋空港から離陸していくMRJ。スムーズな上昇だった。
  • 愛知県営名古屋空港から離陸していくMRJ。スムーズな上昇だった。
三菱航空機のジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)が11日午前9時30分すぎ、県営名古屋空港にて初飛行に成功した。

MRJは三菱航空機と三菱重工業が開発を進めてきた、プロペラ機「YS-11」以来ほぼ半世紀ぶりの国産ジェット旅客機。度重なる開発スケジュールの遅れもあったが、開発に着手してから7年半で無事初飛行を迎えた。

 初飛行は愛知県営名古屋空港を離陸後、太平洋側の空域を利用し、上昇、下降、旋回などの基本特性の確認を、約1時間半かけて実施した。機長を務めた安村操縦士は「MRJの操縦性は、期待以上のものだった。大変快適なフライトだった」と述べた。

 両社は今後、国内での飛行試験を継続し、2016年第2四半期から、米国モーゼスレイク市(ワシントン州)のグラント・カウンティ国際空港を拠点とした飛行試験を行ない、2017年第2四半期の量産初号機納入を目指すという。

※レスポンスより転載
《石田真一》

関連ニュース

page top