スパイダーマンには摩天楼が似合う……RBB TODAY 編集部を訪問 | RBB TODAY

スパイダーマンには摩天楼が似合う……RBB TODAY 編集部を訪問

エンタメ フォトレポート

『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
  • 『アメイジング・スパイダーマン2』
 全世界で7億5000万ドルの興行収入を獲得した『アメイジング・スパイダーマン』の続編、『アメイジング・スパイダーマン2』が4月25日より日本公開される。それに先駆けスパイダーマンが、『RBB TODAY』編集部に訪れた。

 編集部は東京西新宿のビル群のひとつ、28階にあるのだが、窓が開かずガラスを割るわけにもいかないのでスパイダーマンはエレベーターを使って到着。とびらを開けるなりウェブシューター発射! 机の上を、まだ片付いていない引っ越し荷物の段ボール箱の間を、すばやく走り抜ける。そしてスパイディのスパイダーセンスに引っかかったのは編集者Tの愛読書でスタン・リーが著した『マンガの描き方』だった。

<ストーリー> ピーターは日々、スパイダーマンとして戦う自分、恋人のグウェンと過ごす自分に満足していた。しかし幼馴染で巨大企業オズコープ社の御曹司であるハリーが戻ってきたことで、ピーターの運命が動きだす。ある日、オズコープ社の電気係のマックスが事故に巻き込まれエレクトロに変貌する。さらにグリーン・ゴブリン、ライノがタッグを組みスパイダーマンに襲いかかる。なぜヤツらはスパイダーマンを、世界を滅ぼそうとするのか? スパイダーマン誕生の原因となったスーパースパイダーを開発したオズコープ社に隠された真実は……?
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top