FireEye製品アラートを解析し、脅威の内容や対策を報告するサービス GSX | RBB TODAY

FireEye製品アラートを解析し、脅威の内容や対策を報告するサービス GSX

 GSXは、「FireEye製品アラート解析サービス」の提供を開始した。

ブロードバンド セキュリティ
サービスの流れ
  • サービスの流れ
  • サービスの実施内容
  • アラート解析結果報告書のサンプル
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は12月25日、「FireEye製品アラート解析サービス」の提供を開始したと発表した。FireEye製品が自動作成する脅威のレポート(アラート)は、英語であることはもちろん、脅威やマルウェアに関係する専門用語が羅列されている、あるいはマルウェアが検出されるまでの過程を余すことなく記載しているために、正確に理解するためには専門的な知見が要求される。

一方で、FireEye製品からアラートが発せられるということは、既存のセキュリティ対策をすり抜けた脅威が組織内に侵入しようとしていることを示すものなので、組織はその脅威の判定や対処の検討を早急に進めなければならない。本サービスは、同社の専門コンサルタントが顧客や運用事業者に代わってFireEye製品アラートを解析し、脅威の内容や対策を報告するもの。顧客はGSXのレポートを参考に脅威判定、事後対策に早急に着手することができる。価格は初期費用が200,000円、月額費用が300,000円(15件/月までのアラート解析)となっている。)

FireEye製品アラートを解析し、脅威の内容や対策を報告するサービス(GSX)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top