多様なセキュリティ機能を搭載するファイル転送システムを刷新 ソリトン | RBB TODAY

多様なセキュリティ機能を搭載するファイル転送システムを刷新 ソリトン

 ソリトンシステムズは、ファイル転送アプライアンスの新モデル「FileZen V3.0」を、3月6日より販売開始する。

ブロードバンド セキュリティ
FileZen新モデル
  • FileZen新モデル
株式会社ソリトンシステムズは3月1日、ファイル転送アプライアンスの新モデル「FileZen V3.0」を、3月6日より販売開始すると発表した。本製品は、組織内外を問わず限られたメンバー間で、いつ、誰が、どのファイルを送受信したかを確認しながら共有することができるファイル転送システム。送信後のファイル二次利用のコントロールなど多様なセキュリティ機能を搭載しており、導入事例も多い。

新モデルは、筐体とラインナップを刷新し、冗長構成でダウンタイムの最小化を図ったほか、複数拠点の利用に対応した。センター側に親機、拠点側に子機を配置する構成で、WAN経由でのアップロード/ダウンロードの操作時間を短縮し、大規模環境でも業務効率、利便性を改善するとしている。価格は、FileZen本体「大規模モデル:FZ-DX51-A」が440万円、「中規模モデル:FZ-ST81-A」が188万円、「多拠点構成、子機専用モデル:FZ-SX04-A」が28万円(初年度センドパック保守込み)。「FileZen iPad/iPhone、Android用アプリケーション」が無料。「ファイル保護機能オプション」は54万円となっている。

多様なセキュリティ機能を搭載するファイル転送システムを刷新(ソリトン)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top