アタリ創業者、Wii Uや家庭用ゲーム機の未来を疑問視 | RBB TODAY

アタリ創業者、Wii Uや家庭用ゲーム機の未来を疑問視

 家庭用ゲーム機の始祖とも言うべきアタリ(Atari)の創業者のノーラン・ブッシュネル氏は、NewYorkTimesに対して、Wii Uや家庭用ゲーム機の未来に疑問を呈しました。

エンタメ その他
ノーラン・ブッシュネル氏
  • ノーラン・ブッシュネル氏
家庭用ゲーム機の始祖とも言うべきアタリ(Atari)の創業者のノーラン・ブッシュネル氏は、NewYorkTimesに対して、Wii Uや家庭用ゲーム機の未来に疑問を呈しました。

ブッシュネル氏はWii Uおよび家庭用ゲーム機について「率直に言って、困惑させられています。大きな成功があるようには思えません。新製品に対する興奮が世間を包んでいます。しかしそれが輸入品の中で大きな割合を占めるようなことはもう無いでしょう。そういうもの(家庭用ゲーム機)の時代は終わったように感じます」とコメント。

この時代はブッシュネル氏のアタリが切り拓いたものです。しかし同氏は多くの人のように、スマートフォンやソーシャルの普及によって家庭用ゲーム機の未来が狭まれているという見方に同意するようです。

ちなみにブッシュネル氏は今もゲーム業界に携わっており、35歳以上をターゲットとして"アンチエイジング"をテーマにしたゲームを提供するAnti-Aging Gamesや、現在フランスで業務を行なっているAtari,SAで取締役も務めています。

アタリ創業者のノーラン・ブッシュネル氏、Wii Uや家庭用ゲーム機の未来を疑問視

《土本学@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top