NTTファシリティーズ、セルモジュール型データセンターの提供を開始 | RBB TODAY

NTTファシリティーズ、セルモジュール型データセンターの提供を開始

エンタープライズ ハードウェア

セルモジュール型センター諸元表
  • セルモジュール型センター諸元表
  • コンテナタイプ(S)
  • コンテナタイプ(L)
  • フロアタイプ
 NTTファシリティーズは10日、「セルモジュール型データセンター」の提供を開始すると発表した。

 「セルモジュール型データセンター」のラインアップには、コンテナ型データセンター『コンテナタイプ(S) 』や、大型の『コンテナタイプ(L)』、屋内設置タイプの「フロアタイプ」が含まれる。

 モジュール型データセンターは、データセンターを短期間かつ柔軟に構築するというニーズに応えるもの。データセンターファシリティをモジュール化することで、モジュール単位での拡張が可能となり、データセンター構築のための初期投資を抑えることができる。
 
 『コンテナタイプ(S) 』および「フロアタイプ」は1~10ラック/モジュールで、容量は135kW/モジュールまで。標準工期は3ヵ月/モジュールとなっている。『コンテナタイプ(L)』は1~75ラック/モジュールの規模で、容量は540kW/モジュールまで、標準工期は6ヵ月/モジュール。

 同社は、コンテナ型データセンターを3月にNTTの環境エネルギー研究所に導入しているが、同データセンターはラック型空調機「FTASCL」と外気冷却を組み合わせた空調設備により、PUE(Power Usage Effectiveness)1.2を実現可能としたとしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top