NTTドコモ、音声メッセージをSMSで送信する「声の宅配便」サービスを発表 | RBB TODAY

NTTドコモ、音声メッセージをSMSで送信する「声の宅配便」サービスを発表

ブロードバンド 回線・サービス

「声の宅急便」利用イメージ
  • 「声の宅急便」利用イメージ
  • 「声の宅急便」
 NTTドコモは15日、録音した音声メッセージをSMSを通して送信できるサービス「声の宅配便」の提供を、22日より開始すると発表した。対応機種は音声発信が可能な全てのFOMA端末となる(スマートフォン含む)。

 送信先の携帯電話の番号の前に「*2020」を付け、発信することでセンターにつながり音声を録音することができる。音声メッセージは、1件につき15分まで録音できる。メッセージは最大500件まで、録音された時点から720時間の間保存される。ただし5件まではそれ以降も保存することができる。

 同サービスはFOMAの音声プランに契約しているユーザーであれば、そのまま利用できる。月額使用料は無料で、メッセージの録音・再生時に通話料がかかる。22日に発売される「らくらくホン ベーシック3」には、発信画面にソフトキーで「声の宅配便ボタン」が表示され、ワンタッチでサービスを利用することができる。

 またスマートフォン版アプリを4月下旬に提供する予定だという。対応機種は、「GALAXY S SC-01B」「Xperia SO-01B」「Xperia arc SO-01C」「MEDIAS N-04C」「LYNX 3D SH-03C」「Optimus chat L-04C」の6機種。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top