楽天オークション、差押え財産などを扱う「インターネット公売」を受注 | RBB TODAY

楽天オークション、差押え財産などを扱う「インターネット公売」を受注

ブロードバンド 回線・サービス

楽天オークション
  • 楽天オークション
 楽天オークションは4日、2011年度の「インターネット公売」を受注したと発表した。インターネット公売とは、国税局や税務署が差し押さえている財産等を、入札によりインターネット上で売却すること。

 2011年度のインターネット公売は、全3回が予定されており、第1回目の開催は9月を予定しているという。今後は行政機関が自身の財産を、入札によりインターネットで売却する「インターネット公有財産売却」への進出も検討しているという。内閣府の行政刷新会議において、中央省庁によるインターネット公有財産売却が検討されていることから、同社では今後さらに市場が拡大すると見込んでいる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top