NTTドコモの「MEDIAS N-04C」に不具合……ソフトウェアアップデート提供開始 | RBB TODAY

NTTドコモの「MEDIAS N-04C」に不具合……ソフトウェアアップデート提供開始

IT・デジタル モバイル

厚さ7.7mmの「MEDIAS N-04C」をアピール
  • 厚さ7.7mmの「MEDIAS N-04C」をアピール
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」(左)、「MEDIAS Black」(右)
  • 「MEDIAS N-04C」は3つのハードキーを搭載
  • 「MEDIAS N-04C」裏面
  • NEC製の「MEDIAS N-04C」は世界最薄の厚さ7.7mm。手に取ると端末というよりカードを持ったような感覚
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」
  • MEDIAS N-04C「MEDIAS White」
  • ワンセグ視聴が可能
 NTTドコモは4日、3月15日に発売した春モデルの新機種「MEDIAS N-04C」(NEC製)のソフトウェアアップデートを発表した。今回のアップデートによって改善される不具合は以下の通り。更新期間は30日までとなる。

・microSDカードが装着されているにもかかわらず、“SDカードが取り外されています”というメッセージが出る場合がある。

・モバイル版YouTubeで、動画の再生ができない場合がある。

・赤外線で電話帳を「全件受信」した際、最後まで受信できない場合がある。

・電話帳コピーツール1を利用した際、エラーがでる場合がある。

・タッチパネルに指を置いた状態で起動させると、タッチパネルが動作しなくなる場合がある。

・充電アダプタを抜いても、充電ランプが点灯したままとなる場合がある。

 アップデートは自動更新非対応のため、手動で行う必要がある。更新の操作手順の詳細は、同社サイトに掲載されている(http://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/support/utilization/software_update/list/n04c/n04c_software.pdf)。

 「MEDIAS N-04C」は、世界最薄だという厚さ7.7mmのコンパクトサイズが特徴のAndroid端末。OSは2.2を搭載しているが、夏ごろに2.3へアップデートされる予定。おサイフケータイやワンセグ、赤外線機能を搭載。ディスプレイは4.0インチ(480×854)で、Corning Gorillaガラスを採用し、傷への耐久性向上を図った。

 500万画素のカメラを搭載し、約1.1秒の間隔で撮影できる「クイックショット」機能を搭載した。サイズは高さ約127mm×幅約62mm×厚さ7.7mm、重さ約105g。カラーは「MEDIAS Black」「MEDIAS White」の2色となっている。

《RBB TODAY》

関連ニュース

page top