これで気分は魚? ハンファ・ジャパン、ハンズフリーで撮影可能な500万画素デジタルカメラ付き水中マスク | RBB TODAY

これで気分は魚? ハンファ・ジャパン、ハンズフリーで撮影可能な500万画素デジタルカメラ付き水中マスク

IT・デジタル デジカメ

UDCM310
  • UDCM310
  • 使用イメージ
 ハンファ・ジャパンは9日、500万画素デジタルカメラが付いた水中マスク「UDCM310」を発表。7月中旬に発売予定。価格はオープンで、予想実売価格は16,800円。

 同製品は、水深10mまで対応。同社の従来製品「UDCM301」に比べ、2倍の深さに耐えられるという。水中マスクの上部に500万画素のデジタルカメラをつけたことにより、ハンズフリーでの水中撮影を可能にした。動画/静止画撮影に対応し、動画解像度は720×480ピクセル(フレームレートは最大30fps)、静止画解像度は2,560×1,920ピクセル。記録ファイル形式は動画がMotionJPEG(AVI)、静止画がJPEG。

 カメラ部には撮影モード、撮影枚数、動画・静止画モード確認用の液晶パネルとLEDを搭載。内蔵メモリは16MB。外部対応メモリはMicroSD/SDHCカード(最大8GBまで)。インターフェースはUSB2.0。

 対応OSはWindows Vista/XP。映像素子は1/2.5型 500万画素 CMOSセンサー。F値はF 2.8。撮影距離は50cm〜。ISO感度はオート。バッテリは単4形乾電池×2。重さは約300g(電池を含まず)。付属品はUSBケーブル/キャリングケース/シリコングリスなど。
《小口》

関連ニュース

特集

page top