パイオニア、世界初の容量400GB多層光ディスク技術を開発——Blu-ray Discと互換性も | RBB TODAY

パイオニア、世界初の容量400GB多層光ディスク技術を開発——Blu-ray Discと互換性も

IT・デジタル レコーダー

16層光ディスク
  • 16層光ディスク
  • 1層からの再生信号
  • 9層からの再生信号
  • 16層からの再生信号
 パイオニアは7日、世界で初めて16層からなる多層光ディスク技術を開発したと発表。

 今回開発されたのは、1層当たりの記憶容量がBlu-ray Discと同じ25GBの記録層を16層に積層した再生専用光ディスク。DVDで培った光ディスク製造技術を活用し、他の記録層からのノイズを低減する構造を開発。読み取りシステムには、広いレンジで収差を補正する光学素子や、微弱信号を高S/N比で読み取れる受光素子を光ピックアップに採用し、多層の記録層から高品位な再生信号を得られるようになったという。

 対物レンズの光学的仕様は、Blue-ray Disc規格と同一のものを採用し互換性を維持。1枚の光ディスクに400GBの情報を蓄積できるので、使用枚数削減による省資源化にも寄与する。また、DVDへの互換も技術的には可能だという。

 なお、今回のディスクは再生専用になるが、同技術は記録型ディスクへの応用も可能。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top