オリンパス、ラジオ番組をデジタル録音できるHDD内蔵ラジオレコーダー | RBB TODAY

オリンパス、ラジオ番組をデジタル録音できるHDD内蔵ラジオレコーダー

IT・デジタル ノートPC

「ラジオサーバー VJ-10」液晶には音声データの情報を表示
  • 「ラジオサーバー VJ-10」液晶には音声データの情報を表示
 オリンパスイメージングは27日、ラジオ番組をデジタル録音できるHDD内蔵ラジオレコーダー「ラジオサーバー VJ-10」を発表した。スタンダードモデル「VJ-10-J1」の発売は3月16日で、価格はオープン。予想実売価格は40,000円前後。なお、販売は同社直販サイトと三省堂書店のみでの限定販売となる。

 VJ-10は、AM/FMラジオ受信機本体に37GバイトのHDDを搭載し、ラジオ放送をWMA形式で録音できるのが特徴。長時間モードで合計約2,500時間、標準モードで約1,250時間、高音質モードで約625時間分のデータを保存する。また、番組予約、ラジオ局の登録ができ、タイマーでの予約録音もできる。
 
 インターフェースにUSB2.0ポートを備え、PCと接続してのデータの入れ替えや、オリンパス製のICレコーダーの一部モデルとの直接接続が可能。再生形式はWMAに加え、MP3もサポートしている。
 
 本体には3.9型モノクロ液晶ディスプレイを搭載。ラジオの放送局名や、音楽コンテンツ再生時には曲名やアーティストなどの情報を表示する。本体サイズは幅205×高さ120×奥行き89mm、重さは約640g(本体のみ)。
 
 なお、別モデルとして「NHKラジオ 英会話入門」の音声コンテンツを収録した「VJ-10-JA」も発表されており、こちらの発売は4月1日。価格はオープンで、予想実売価格は45,000円前後。
《》

特集

page top