シャープ、コンパクトデジカメ向けの1/2.5型700万画素CCDを開発 | RBB TODAY

シャープ、コンパクトデジカメ向けの1/2.5型700万画素CCDを開発

IT・デジタル デジカメ

 シャープは24日、普及型コンパクトデジタルカメラ向けの1/2.5型700万画素CCD「RJ23U3BA0ET」を開発したと発表した。サンプル出荷は1月25日で、サンプル価格は4,000円。量産出荷は4月から。
  •  シャープは24日、普及型コンパクトデジタルカメラ向けの1/2.5型700万画素CCD「RJ23U3BA0ET」を開発したと発表した。サンプル出荷は1月25日で、サンプル価格は4,000円。量産出荷は4月から。
 シャープは24日、普及型コンパクトデジタルカメラ向けの1/2.5型700万画素CCD「RJ23U3BA0ET」を開発したと発表した。本製品では、1/2.5型CCDで最小の1.90μm角画素セルサイズを採用するとともに、同クラス最高の700万画素を実現している。また、VGAサイズで30fpsの動画撮影も可能だ。サンプル出荷は1月25日で、サンプル価格は4,000円。量産出荷は4月から。
《高柳政弘》

関連ニュース

page top