ブロードコム、IEEE 802.11nドラフト仕様に準拠した初めてのチップセットなどを提供 | RBB TODAY

ブロードコム、IEEE 802.11nドラフト仕様に準拠した初めてのチップセットなどを提供

ブロードバンド その他

 ブロードコムは、IEEE 802.11nドラフト仕様に準拠した初のソリューションである新しいIntensi-fi無線LAN(WLAN)チップセット・ファミリの出荷を開始したと発表した。

 IEEE 802.11nは、現在策定中の次世代無線アンテナ技術(MIMO:Multi Input Multi Output)を使用する高速な無線LAN技術の業界標準規格で、送信側、受信側共に、複数のアンテナを並べ、同じ周波数チャネルの電波を空間で隔てながら並列に伝送するというもので、帯域を増やさずにアンテナ数の分だけスループットを向上させることができる。

 同社のIntensi-fi技術は、IEEE 802.11nドラフト仕様の全ての必須要素を取り込んでおり、標準化作業が完了次第、正式な最終仕様にソフトウェア・アップデートできるよう設計されているという。

 同社では、このIntensi-fi技術により、300Mbps以上のデータ伝送速度および既存の802.11製品よりも広範な通信範囲を提供でき、音声、ビデオ、およびデータ・アプリケーションに対応した完全な無線マルチメディア体験が実現可能になるとしている。
《竹内充彦》
page top