オリンパス、世界最軽量435gのデジタル一眼レフカメラ「E-500」 | RBB TODAY

オリンパス、世界最軽量435gのデジタル一眼レフカメラ「E-500」

IT・デジタル デジカメ

デジタル一眼レフカメラの普及型モデル「E-500」 ブラックモデル
  • デジタル一眼レフカメラの普及型モデル「E-500」 ブラックモデル
  • E-500 シルバーモデル
  • 背面には、2.5型21.5万画素の液晶ディスプレイを装備
 オリンパスは、デジタル一眼レフカメラの普及型モデル「E-500」を11月11日に発売する。世界最軽量となる435gの小型軽量ボディに、800万画素CCDと2.5型液晶ディスプレイ、ダストリダクションシステムを搭載するのが特徴。ボディカラーはブラックとシルバーの2色を用意する。価格はオープンで、実売予想価格はボディのみが9万円前後、14-45mm F3.5-5.6レンズキットが10万円前後。

 E-500は、800万画素のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。レンズマウントは、フォーサーズマウント。光学ファインダーはペンタダハミラーを採用した。ファインダーの視野率は約95%、倍率は約0.9倍。液晶ディスプレイは、2.5型の21.5万画素となる。

 AF測距点は3点。シャッター速度は1/4,000〜60秒、フラッシュ同調速度は1/180秒以下。撮影感度はISO100〜400。なお、拡張設定でISO1,600相当まで増感可能だ。また、感度拡張時のノイズを軽減するノイズフィルターを新しく搭載しており、ノイズは同社従来比の1/2に軽減しているという。

 記録メディアは、コンパクトフラッシュカード(TYPE I/II)とxDピクチャーカードのダブルスロットを装備する。最大記録解像度は3,264×2,448ピクセル。

 連写機能は約2.5コマ/秒。最大連続撮影枚数は、RAWおよびTIFF撮影時が4コマ、JPEG撮影時は圧縮率と記録画素数によるが、HQ画質1/8圧縮で無限連写となる。

 本体サイズは、幅129.5×高さ94.5×奥行き66.0mm。電源は、リチウムイオン電池「BLM-1」を採用する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top