オリンパス、デジタル一眼レフカメラ「E-1」と「E-300」のファームウェアをアップデート | RBB TODAY

オリンパス、デジタル一眼レフカメラ「E-1」と「E-300」のファームウェアをアップデート

IT・デジタル デジカメ

 オリンパスは、デジタル一眼レフカメラ2機種のファームウェアをアップデートした。「E-1」はVer.1.4、「E-300」はVer.1.1。

 E-1では、低輝度におけるシングルAF(S-AF)スピードとE-300で撮影した画像の再生が改善されている。また、Sandiskのコンパクトフラッシュカード「ExtremeIII」に対応した。

 E-300では、黄色みを帯びた被写体とAdobe RGBモードにおけるホワイトバランスが改善されている。ほか、スリープモード時の電池寿命も伸びる。
《安達崇徳》

特集

page top