インテル、90nmプロセスで1Mバイト2次キャッシュのCeleron M | RBB TODAY

インテル、90nmプロセスで1Mバイト2次キャッシュのCeleron M

IT・デジタル ノートPC

 インテルは1日、バリュークラスのモバイルPC向けCPU「Celeron M 360/350」を発表した。
  •  インテルは1日、バリュークラスのモバイルPC向けCPU「Celeron M 360/350」を発表した。
 インテルは1日、バリュークラスのモバイルPC向けCPU「Celeron M 360/350」を発表した。Celeron M 360/350は、同社の標準電圧版製品として初めて、90nmプロセス技術で製造されたもの。Celeron M 360のクロック周波数は1.40GHz、同350のクロック周波数は1.30GHz。両製品ともに、400MHzのフロントサイドバスと、従来のCeleron Mの2倍となる1Mバイトの2次キャッシュを搭載する。

 1,000個受注時の単価は360が14,980円、350が11,960円で、現在出荷中。

《高柳政弘》

特集

page top