インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに | RBB TODAY

インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに

エンタープライズ ハードウェア

インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに
  • インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに
  • インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに
  • インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに
  • インテル、64ビット対応の最新Xeonプロセッサをリリース。グラフィックWSなど向けに
 インテルは、64ビット拡張に対応した最新のXeonプロセッサおよびチップセットを発表した。800MHzシステムバスや90nmプロセス、省電力のためのSpeedStep採用、DDR2メモリやPCI Express対応などの特徴をもつ。

 今回発表されたXeonプロセッサは、3.60GHz、3.40GHz、3.20GHz、3GHz、2.80GHzの5モデル。いずれも64ビット拡張(Enhanced Memory 64-bit Technology / EM64T)をサポートする。

 E7525チップセットは、Xeonプロセッサのデュアル構成をサポートしたチップセットで、E7525 MCH(メモリ・コントローラ・ハブ)、82801ER(ICH5R:I/Oコントローラ・ハブ)、6700PXH(64ビットPCIハブ)からなる。E7525 MCHは800MHz FSBをサポート、メモリはDDR2-400またはDDR 333が利用可能。PCI Express x16グラフィックスと、PCI Express x8 I/Oインターフェイスを搭載している。

 インテルではこの最新Xeonプラットフォームを、メモリ空間の広さが効くデジタルコンテンツクリエーションや、科学技術計算向けに販売したいとしている。

 価格は、最上位のインテルXeonプロセッサ3.60GHzが94,460円(1,000個受注時単価)、E7525チップセットが11,100円(同)。

今回のXeonは「フルモデルチェンジ」と語るインテルエンタープライズ&ネットワークソリューションズ本部 プラットフォーム&ソリューションズマーケティング 統括部長の平野浩介氏

発表会では、同一クロックのPentium4(シングルプロセッサ)とXeon デュアルプロセッサ構成のパフォーマンス比較をするデモンストレーションもおこなわれた。3ds maxによるレンダリング競争では約2倍のパフォーマンスが出るという。
《伊藤雅俊》

特集

page top