アッカ、40Mbpsサービスを47Mbpsにアップデート。ファームウェアの更新で対応 | RBB TODAY

アッカ、40Mbpsサービスを47Mbpsにアップデート。ファームウェアの更新で対応

ブロードバンド その他

アッカ、40Mbpsサービスを47Mbpsにアップデート。ファームウェアの更新で対応
  • アッカ、40Mbpsサービスを47Mbpsにアップデート。ファームウェアの更新で対応
  • アッカ、40Mbpsサービスを47Mbpsにアップデート。ファームウェアの更新で対応
 アッカ・ネットワークス(アッカ)は、8月上旬をめどに現行の「40Mbpsサービス」を「47Mbpsサービス」に無償でアップデートする。これは、ADSLモデムのファームウェアの更新で実施されるものだ。

 今回の47Mbpsサービスは、ラボでの試験において下り47Mbps以上のリンク速度が確認されたことにより実現されたもの。理想環境における推測値によると、線路が1.4Mbps以内で損失が15dB以内の場合に、40Mbpsサービスよりもリンク速度が向上するとしている。

 ちなみにこの1.4km/15dB以内という数字は、26Mbpsから40Mbpsにアップデートした際に、速度アップが見込める回線条件と同等だ。そのため、26Mbpsから40Mbpsにアップデートして速度が向上したユーザは、47Mbpsサービスにおいても向上が見込めるということになる。

47Mbpsサービスのラボでの結果(クリックして拡大)


 また、サービス開始当初は上りは最大1Mbpsだが、情報通信技術委員会(TTC)の合意を受けて3Mbpsにアップデートする予定だ。

 ちなみにアッカは今回の40Mbpsから47Mbpsへの増速と同じように、最大8Mbpsのモデムのファームウェアを更新することで、最大10Mbpsにアップデートさせたことがある。
《安達崇徳》
page top