Genuineがサービス休止。エリア見直し、サービスモデルの変更で今後に備えると | RBB TODAY

Genuineがサービス休止。エリア見直し、サービスモデルの変更で今後に備えると

ブロードバンド その他

 モバイルインターネットサービスの有料ワイヤレス接続接続サービス「Gnuine」を提供してきたMISは、年内でGenuineサービスを停止し、エリア見直しやサービスモデルの変更をして今後に備えると発表した。

 Genuineは、セキュリティを重視したワイヤレス接続サービスで、独自のドライバを使った安心なモバイル通信ができることを売りにしていた。また、国内では有料のワイヤレス接続サービスをはじめて提供したリーディングカンパニーで、スポットという感覚ではなく、エリア展開のイメージでビジネスを展開するとしていた。また、MISはPCを使ったワイヤレス接続サービスだけではなく、無線電話を使った音声通信のインフラとしての利用も検討していた。

 Gnuineのサービス休止に伴い、既存のモバイルプラン利用者は、解約手続きの作業が必要となる。解約手続きをすることで、以降の利用請求が停止となり、年間契約者の場合は、残月分の返金を実施する。

 今後MISは、エリア選定を見直して今後に備えると共に、既存基地局を減らして一部エリアで携帯IP電話などの技術的実証実験を継続するとしている。
《RBB TODAY》
page top