富山県のCATV9社、ケーブル網を利用した電話サービスの実験モニタを1,000人募集 | RBB TODAY

富山県のCATV9社、ケーブル網を利用した電話サービスの実験モニタを1,000人募集

ブロードバンド その他

 富山県内のCATV事業者9社は、ケーブル網を利用した独自の電話サービス「けーぶるふぉん富山」の実験モニタ募集を開始した。募集人員は1,000人で、各社のCATVインターネットサービス加入者が対象となる。

 実験に参加するのは、高岡ケーブルネットワーク・となみ衛星通信テレビ・ケーブルネット氷見・新湊ケーブルネットワーク・ケーブルテレビ富山・上婦負ケーブルテレビ・新川インフォメーションセンター・小矢部市ケーブルテレビ・小杉町ケーブルテレビの9社。一般の固定電話に専用ターミナルアダプタ(TA)を接続して利用するもので、「けーぶるふぉん富山」加入者同士であれば無料で通話することができる。ただし現段階でサポートされているのは加入者同士の通話のみであり、NTT一般加入電話や携帯電話・PHSなど加入者以外への発着信は従来の電話回線経由となるため通常の通話料金が発生する。

 モニタサービスの提供期間は12月1日から来年1月31日までの2か月間で、モニタに当選した場合期間中の基本料金や通話料金のほか、TAの設置・撤去費用、電話線配線工事費等の初期費用が無料となる。なお時期は未定であるが本サービスへの移行も検討されており、その際には500円の月額基本料金が予定されている。
《RBB TODAY》

特集

page top