【女子高生スマホ事情 Vol.2】「スマホケースの買い替えは2ヵ月ごと」「自撮り棒はよく折れる(笑)」

IT・デジタル モバイル

女子高生のスマホ事情とは?
  • 女子高生のスマホ事情とは?
  • Bさんのスマホのホーム画面は、1ページのみと非常にすっきり
 今回は前回に引き続き、女子高生のスマホ事情について現役女子高生にインタビューしてみた。

●今回の登場人物
・Aさん
神奈川県内の公立高校に通う3年生。スマホはSoftBankのiPhone 6を使用。

・Bさん
神奈川県内の公立高校に通う3年生。auのiPhone 6sを使用。学校は別々だが、同じアルバイト先に勤務するという間柄。

・【Vol.1】「料金を自分で払うのは実家を出てから」を読む

■2ヵ月で替えるのは当たり前、スマホケースで周りと差をつける

[編集部]もし、5,000円自由に使えるとしたら、スマホに関するもので、何に使いたい?

[Aさん]スマホケースですかね。2ヵ月~半年ぐらいの頻度で替えるので、いつもは1,000円ぐらいのものを買っています。いま、持っているケースの数は3つぐらい。

[Bさん]ケースに3,000円かけたりするのは、ちょっと躊躇するかな。デザインに飽きちゃうし、2ヵ月程度のものに3,000円もかけられない。私は、乗り換えてからはまだ同じものを使っていて、いまは2つしか持っていないです。

[編集部]女子高生ってみんな、そんなにケースを頻繁に替えているの?

[Bさん]はい。周りの子も、早ければ2ヵ月程度で替えていますね。変わったデザインが好きな子は、いろいろな種類のケースを集めています。クリアケースの中に液体とラメが入っていて、スノードームみたいに中の動きが楽しめるものとか。透明のケースにして、本体との間にシールを入れてアレンジする子もいます。

[Aさん]最近は、そういうテイストのものを持っている子が多いよね。iPhoneって、ガラケーと違って本体のデザインや形が統一されているから、みんな、ケースでほかの子との差をつけたくなるんだよね。液晶画面のフチにキャラクターもののシールを貼って、本体の雰囲気を変えている子もいるみたいだけど。

[編集部]ケースは、だいたいどこで購入するものなの?

[Aさん]買う場所は、ヴィレッジヴァンガードとか、東急ハンズとか、PLAZA。あとは、好きな洋服ブランドのケースを、ネットショッピングで取り寄せたり。家電量販店では、シンプルで可愛い感じのものが少ないから、買わないですね。

[Bさん]この間、ハンズで見かけたケースが気になっています。全面が芝生素材になっている『Shibaful』っていうシリーズに、動物の顔がプリントされているのを見つけて、なんか感動しちゃって(笑)。でも、5,000円ぐらいだったから、買うのをやめました。

[Aさん]私は、手帳型ケース派です。定期やパスモケースを持ち歩くのが面倒くさくて。パスモは財布に入れておくこともできるけど、使う時に、カバンからわざわざ取り出さなきゃいけないでしょ。iPhoneケースに入れておけば、ポケットからさっと出せる。

[Bさん]あれ……? 私は、パスモと一緒に入れておくとiPhoneが干渉して、どっちもバカになるっていう話を聞いたので(笑)、手帳型ケースには、ショップカード類や、絆創膏とか入れちゃっています。手帳型は、画面を守ってくれて、液晶が割れにくいっていうのがいいですね。

[Aさん]ほかに、スマホ関連で欲しいものって、ぱっと浮かばないですね。関連グッズでいえば、広範囲を撮影できる、魚眼レンズみたいなのが流行っていて、持っている子は多いけど。ちょっと前から流行っている自撮り棒は、使っていたけど、なんか、よく折れる(笑)。危ないから、ディズニーでも使用禁止になっちゃったんですよね~。
《藤岡千夏(H14)》

編集部おすすめの記事

特集

page top