集英社・講談社、子ども向け雑誌付録の化粧品からホルムアルデヒド検出

エンタメ その他

 講談社は18日、過去に同社が発行した雑誌付録の化粧品から配合が認められていないホルムアルデヒドが検出されたことを受け、3月15日発売を予定していた「たのしい幼稚園」4月号増刊「ひめぐみvol.33」の発売中止を発表した。

 同社は17日に公式サイトで、同社発行の「おともだちピンク」2014年11月号の付録「ピンクマニキュア」1本と、「なかよし」2015年1月号の付録「グリッターネイル」2本セットの1本から、国内の化粧品基準では配合が認められていないホルムアルデヒドが検出されたと明かし、当該付録の回収準備を進めているとした。

 「ひめぐみvol.33」の付録として予定していたネイル&リップセットについてはすでに安全検査を2回行い、いずれもホルムアルデヒドは検出されなかったとのことだが、読者の安全を考え、発売中止を決定したとのことだ。

 「発売直前にこのようなお知らせをすることになり、重ねて申し訳ございません。これからも品質管理を一層徹底しつつ、よりおもしろくてたのしい『たのしい幼稚園』『ひめぐみ』をみなさまにお届けできるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします」とした。

 なお、集英社も今月2日に、2015年7月に発行した「りぼん」付録の化粧品からホルムアルデヒドが検出されたことを発表。同8日に回収を開始した。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら