痛みのない「針なし注射器」の開発に成功……芝浦工業大

エンタープライズ ハードウェア

「針なし注射器」の構造
  • 「針なし注射器」の構造
  • 「針なし注射器」(全長約10cm)
  • 細胞の加工・試薬の導入プロセス
 芝浦工業大学は2日、針を使わずに気泡の圧力で、試薬や遺伝子までも体内に届けることのできる、新しい「針なし注射器」の開発に成功したことを発表した。同大学の機械工学科の山西陽子准教授が開発した。

 針なし注射器はすでに市販されているが、バネの力で液体を高圧で発射するため、神経を傷つける恐れや痛みを感じるなどの問題があった。山西准教授は2012年に、液体中で電圧をかけることで高速発射されるマイクロレベル(1/1000)の気泡の破壊力を利用して細胞を切開する「マイクロバブルインジェクションメス」を開発していたが、今回このデバイスを改良し、空気中でも使用可能な「針なし注射器」を開発した。

 「針なし注射器」では、メスを覆うガラス製のシェルの位置を前方に突き出すことで密着性を向上させ、高精度の位置制御を行えるように改良。直接皮膚に押し当て、微細気泡を高速発射することで、痛みをともなわずに高精度で試薬を目的の場所へ輸送できる。指向性もあるため、局部に精度の高い治療が可能だという。穿孔径は4μmとマイクロレベルのため、細胞へのダメージも少ないとのこと。

 植物細胞を含むあらゆる固さの細胞への遺伝子導入・治療など、幅広い用途への使用が見込まれるため、今後は企業と連携するなどして実用化を目指す。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら