CDNetworks、DDoS攻撃防御「クラウド・セキュリティ」発売

エンタープライズ セキュリティ

サービスイメージ
  • サービスイメージ
 シーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は19日、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)などの大規模サイバー攻撃対策のための防御サービス「クラウド・セキュリティ」を発表した。9月1日より販売を開始する。

 「クラウド・セキュリティ」は、ネットワークおよびアプリケーションベースへの攻撃のほぼすべてに対応するDDoS攻撃防御サービス。CDNetworksのグローバルに分散配置した配信拠点(PoP)、Anycast DNS、およびDDoS攻撃防御用の“セキュアードCDN配信プラットフォーム”により、クラウドベースで構成されている。

 グローバルに分散配置している複数PoPがトラフィックを速やかに自動分散し、ウェブサイトに対するDDoS攻撃の負荷を軽減。Anycast DNSと自動セキュリティ・システムにより、お客様のウェブサイトを標的とした異常なトラフィックの増加を検出・リアルタイム解析し、既知の攻撃パターンを自動遮断する。これらDDoS攻撃パターンは逐次蓄積してブラックリスト化され、正規トラフィックのみが、ウェブサーバに送信されるようになる。

 CDNetworksでは、グローバルに分散配置された140以上のPoPを経由し日々40,000以上のウェブやアプリケーションを高速配信しているとのこと。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

page top