「いいとも」でヤラセ疑惑!? 出演した“一般女性”がお笑い芸人と発覚して非難轟々

エンタメ ブログ

「笑っていいとも!」番組公式サイト
  • 「笑っていいとも!」番組公式サイト
  • お笑い芸人・はら。のツイート
 19日に放送されたフジテレビ系バラエティ「笑っていいとも!」内で、“ネット上で知り合った男女”として出演した女性がお笑い芸人であったことが発覚したことから、「“ヤラセ”行為があったのでは?」などとネット上で話題となっている。

 問題となっているのは、19日に放送された同番組内での「X'mas直前緊急企画! アルタで逢いまショー」と題された企画。ネット上で知り合った男女が、これまでお互いに秘密にしていた“本当の”プロフィールを明かした上で初対面し、カップル成立を目指すという内容。登場した女性「あい」さんは、相手男性に対し深津絵里似を自称していたが、実は古田新太似であることなどを告白。残念ながらカップルは成立しなかったが、番組を盛り上げた。

 「あい」さんにとっては残念な結果となったが、失意の表情ながら「次、がんばります」とポジティブな言葉で締めくくった「あい」さんに客席から拍手が贈られ、同企画は盛り上がって終了。しかし、放送後に、「あい」さんはよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人・はら。であることが判明して、事態は一変。放送では「ネット上で知り合った男女」としていたためか、この「あい」さんを一般人と思った人が多かったらしく、ネット上には「ヤラセ」あるいは「仕込み」だと非難する声が殺到した。ただし、同番組内でも、登場する男女について「一般人」とはしていない。また、19日18時現在までに同件についてのフジテレビ側のコメントはなく、ネット上で指摘されているヤラセ行為があったかどうかは不明だ。

 ネット上で大きな話題となり、はら。のTwitterにもフォロワーから同件についての問い合わせがあった様子。はら。は出演したことは認めたが、“やらせ”行為については、「でましたけど、断じてやらせではありません!」と否定している。
《花》

編集部おすすめの記事

特集

page top