ビジネスマンが薦める就職人気企業、学生と異なる結果に……ビズリーチ調べ | RBB TODAY

ビジネスマンが薦める就職人気企業、学生と異なる結果に……ビズリーチ調べ

エンタープライズ 企業

「就職活動中の大学生に薦めたい就職先」ランキング
  • 「就職活動中の大学生に薦めたい就職先」ランキング
  • 「大学生が選んだ就職先人気企業ランキング 文系男子」(ダイヤモンド・ビッグアンドリード調べ)
 ビズリーチは3日、就職活動中の大学生に薦めたい企業について、アンケート調査を実施した結果を公表した。調査期間は2011年12月26日~2012年1月4日で、平均年収1000万円以上のビジネスパーソン1701名から回答を得た。

 まず「就職活動中の大学生に薦めたい就職先」ランキングでは、三菱商事は、3年連続首位獲得。「海外で活躍でき、グローバル感覚が身につくから」など、グローバル展開するビジネス力が評価された。三井物産と伊藤忠商事も昨年よりもランクアップした。

 そしてこのランキングを、“学生が選んだランキング”(ダイヤモンド・ビッグアンドリード調べ)と比較すると、商社以外の4業界はまったく異なる結果となった。商社を除くと大学生への調査では上位にランクしていない企業が多く上位にランクし、学生とビジネスパーソンの視点の違いが明確化した。

 まず、学生側にない企業としては、「Google」「日本IBM」が5位・6位に。「トヨタ自動車」(2位)、「ソニー」(3位)など、グローバル展開する日本メーカーも、ビジネスマン側ランキングでは上位となった。成長が期待される新興企業では、「ソフトバンク」(7位)と「楽天」(9位)も昨年同様10位以内。なおソーシャルゲーム市場における成長が評価されたグリーとディー・エヌ・エーは、「ソーシャル業界で国内有力企業」「新人でも与えられる権限が大きい」などの理由で、昨年は圏外(31位以降)だったが19位と21位に浮上している。

 大学生が選んだランキングの上位10社には、1社も外資系がランクインしていないが、ビジネスパーソンへの調査では、外資系企業が3社もランクイン。iPhone 4を昨年発表した「アップル」は、昨年の26位から14位へとランクアップした。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top