米グーグルがモトローラを買収……「マイクロソフトやアップルの脅威からAndroidを守る」 | RBB TODAY

米グーグルがモトローラを買収……「マイクロソフトやアップルの脅威からAndroidを守る」

エンタープライズ 企業

米グーグル(Google)は、米モトローラモビリティ(Motorola Mobility)を買収したと発表
  • 米グーグル(Google)は、米モトローラモビリティ(Motorola Mobility)を買収したと発表
  • 米モトローラモビリティ
 米グーグル(Google)は15日(現地時間)、米モトローラ・モビリティ(Motorola Mobility)を買収したと発表した。買収金額1株あたり40ドル、計125億ドル。

 グーグルのCEO ラリー・ペイジ氏は同社のブログの中で「モトローラのAndroidスマートフォンに対する総合的な貢献が数ある買収理由の一つだ」としている。

 グーグルとモトローラのビジネスはそれぞれ別々に運営していくとしており、モトローラの買収後も、Androidプラットフォームが引き続き他の端末メーカーにも開かれたプラットフォームであることに変わりはないという。さらにペイジ氏は、モトローラはホームデバイスやビデオソリューションにおいても市場のけん引役であるとしており、これらの分野で強化も視野に入れているようだ。

 また先日グーグルは、マイクロソフトとアップルが特許訴訟などを通してAndroidプラットフォームの成功を妨げようとしていると名指しで批判したが、ペイジ氏は「モトローラの買収により我々の特許ポートフォリオを強化し、マイクロソフトやアップルなどによる敵対活動からAndroidを守ることができる」とコメントしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top