Nコム、ホットスポット全国拡大にVAIOのネットワーク切り替えツールへの融合とサービスのスケールアップに積極的 | RBB TODAY

Nコム、ホットスポット全国拡大にVAIOのネットワーク切り替えツールへの融合とサービスのスケールアップに積極的

ブロードバンド 回線・サービス

 NTTコミュニケーションズの公衆無線LANサービスのホットスポットは、10月より提供予定エリアを拡大する。

 ホットスポットが10月より新たにサービスエリアとして加える地域は、神奈川県横浜市中区、大阪府大阪市淀川区、浪速区、中央区、北海道札幌市中央区の3道府県。また、このあとさいたま市、千葉市、名古屋市、福岡市へとエリア展開を開始する予定でいる。

 この中で、札幌市中央区はワイコムのAir11とのローミングにも関係しているとみられており、今後のエリア展開もすでに各地域でサービスを提供している無線LAN事業者とのアライアンスやローミングとなる可能性もありそうだ。

 また、アクセスポイント設置場所として、Nコムは以下の会社名を公開しており、各拠点でのサービス展開を今後めざすとしている。また、VAIOのネットワーク切り替えツールであるSmart Networkとホットスポットのログインツールの融合など、端末と連携した動きも実施していくとしており、ホットスポットがいよいよ本格的な展開に向けた動き出した。

 アマンド
 カフェドクリエ(ポッカクリエイト)
 カフェミラファジュール(不二家)
 千疋屋フルーツパーラー
 浅草ビューホテル
 東京全日空ホテル
 ホテルニューオータニ
 三井アーバンホテル銀座
 品川インターシティ(興和不動産、住友生命保険、大林組)
 新東京ビル(三菱地所)
 丸ビル(三菱地所)
 スリーエフ(日本大通店、中区山下町店でのPDA向け実験)
 三越(三越本店、銀座店)
 横浜松坂屋
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top