JENS、企業向け統合セキュリティサービスを提供開始。ファイアウォールとウィルスチェックをワンサービスで | RBB TODAY

JENS、企業向け統合セキュリティサービスを提供開始。ファイアウォールとウィルスチェックをワンサービスで

ブロードバンド その他

 JENSは本日より、企業向けの統合セキュリティサービスである「JENSセキュアゲートウェイサービス」の提供を開始する。

 JENSセキュアゲートウェイサービスは、VPN対応のファイアウォールとメール・HTTP・FTPに対するウィルスチェックサービスを一台の機器で実現したサービス。従来、ネットワークのセキュリティ強化のためにはこれらのサービスを別々に導入する必要があったが、今回のJENSのサービスではワンサービスへの加入で各機能をまとめて利用することができる。同社によればこうした統合サービスの提供は「世界初」になるという。

 同サービス利用の場合、ユーザはまず標準サービスとして専用または共用のファイアウォールサービスに加入し、その他の機能はオプションとして選択することになる。なおファイアウォール機器には米ルーセントのBrickシリーズが、またウィルスの検知・除去に関してはトレンドマイクロのデータベースが採用されている。

 利用料は標準サービスが初期費用50,000円、月額費用30,000円(共用タイプなど)〜、オプションサービスのうちリモートユーザVPNが初期費用10,000円、月額費用10,000円(1-25ユーザ)〜、ウィルスチェックサービスが初期費用50,000円、月額費用10,000円(1-10ユーザ)〜などとなっている。

 詳細は以下のとおり。

JENSセキュアゲートウェイサービス

■標準サービス
 専用タイプ:ユーザごとに専用ファイアウォールを設置
 共用タイプ:バックボーンに集合型ファイアウォールを設置し、ユーザごとにセキュリティを確保

■オプションサービス
 リモートユーザVPN(IP Sec)
 拠点間VPN
 ホットスタンバイバックアップサービス(専用タイプのみ)
 ウィルスチェックサービス(SMTP・HTTP・FTP)
 休日夜間サポートオプション
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top