米Real、Windows MediaやQuickTime MPEG-4も再生できる「RealOne Player v.2.0」をリリース | RBB TODAY

米Real、Windows MediaやQuickTime MPEG-4も再生できる「RealOne Player v.2.0」をリリース

ブロードバンド その他

 米RealNetworksは、米国時間の8月20日付で、同社のメディアプレーヤ「RealOne Player」の最新版となる「v.2.0」をリリースしたと発表した。

 新しいRealOne Playerの最大の特徴は、RealAudioやRealVideoといった同社のメディアフォーマットだけでなく、従来は利用できなかったWindows MediaやQuickTime MPEG-4形式のファイルもサポートした点。本プレーヤ一つで実に50以上のフォーマットの再生が可能となったため、ユーザにはメディアの形式によって異なるプレーヤを起動させる必要がなくなるメリットがある。

 また最新版では最大52倍速書き込みやプレイリストの自動生成機能などといったCD作成時の機能拡充やフルスクリーン(シアターモード)での再生を含むDVD再生機能の追加が行われたほか、バッファリングの待ち時間なしでコンテンツを再生できる「TurboPlay」やインターネットラジオ向けの有料サービス「RealOne RadioPass」にも対応する。

 RealOne Playerには無料のノーマルバージョンと有料のプレミアムバージョンである「RealOne Player Plus」が用意されており、無料版でもTurboPlay、シアターモード、DVD再生、高速CD書き込みをサポートしているが、19.95ドルの有料版ではさらにWindows Media、QuickTime MPEG-4等のユニバーサル再生機能、CD書き込みオプション、拡張ツールバー再生モード、オーディオ・ビデオの追加制御機能などが利用できるようになり、より高度なメディア体験が可能となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top