NTT Com、ISPや企業向けにIPv6トンネルサービスのメニューを強化 | RBB TODAY

NTT Com、ISPや企業向けにIPv6トンネルサービスのメニューを強化

ブロードバンド テクノロジー

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、「OCN IPv6トンネル接続サービス」の対応接続サービスの拡大と、/48より大きなIPv6アドレスブロックの提供をおこなう。いずれも8月21日より提供が開始される。

 今回のIPv6トンネル接続サービスの強化はISPや企業、大学向けのもので、あらたに「スーパーOCN」「ビジネスOCN」「ハウジング用接続サービス」についてもトIPv6ンネル接続が利用できるようになる。また、ISPなど向けに、/48よりも大きなIPv6アドレスブロック提供も開始する。

 料金は、スーパーOCN対応メニューが4,000円/月(64kbps)〜50,000円/月(2Mbps..1Gbps)などで、あわせて現行の「スーパーOCNライト」対応メニューが一律31,000円/月に改定される。

 /48を超えるIPv6アドレスブロックの付与については、スーパーOCN(DSLアクセス以外)、ビジネスOCNメガデータネッツアクセスなどでIPv6トンネル接続サービスを使用するユーザが対象。大きなアドレスブロックの付与にともなう追加料金はない。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top