イー・アクセス、12Mサービスを前倒し提供へ。9月2日からBIGLOBEユーザ向けに先行モニタ実験として | RBB TODAY

イー・アクセス、12Mサービスを前倒し提供へ。9月2日からBIGLOBEユーザ向けに先行モニタ実験として

ブロードバンド その他

 イー・アクセスと日本電気は、BIGLOBE「使いほーだいADSLe」コース12Mタイプについて、9月2日から一部ユーザに対し、先行モニタとして提供を開始すると発表した。イー・アクセスのADSLプラスを採用した12Mタイプについては、これまで10月からのサービス提供の予定となっていたが、ISPおよび人数限定ながら1ヶ月繰り上げての提供開始となる。

 モニタ募集期間は、8月15日から8月22日で、募集人数は1,000名。募集数を超えた場合は抽選となる。応募条件は、現在BIGLOBEの「使いほーだいADSLe 1.5M/8M」を利用しているか、または当選した場合に「使いほーだいADSLe 8M」の契約に同意すること、となっている。また、速度計測などによる簡単な評価への協力と、イー・アクセスによる回線状態のモニタリング(通信内容ではない)についても同意することが必要。

 モニタ期間中は8Mタイプの基本料金とモデムレンタル料がかかるが、12Mモニタ開始に伴う速度変更手数料やNTT工事費、NTT契約料は無料となる。今回の12Mサービス前倒しは、対象のISPがBIGLOBEのみであり、また、回線状態のモニタリングへの同意など、フィールド実験の色彩が強い。ともあれYahoo!BB(8月)、平成電電(9月1日)に続く12Mサービス開始と言うことで、サービス競争が加速してきたと言えそうだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top