日本テレコム、「SOLTERIA」にアッカのADSL回線・NTT東日本のメトロイーサを利用した2つの品目を追加 | RBB TODAY

日本テレコム、「SOLTERIA」にアッカのADSL回線・NTT東日本のメトロイーサを利用した2つの品目を追加

ブロードバンド その他

 日本テレコムは、8月1日よりIP-VPNサービス「SOLTERIA」に「ADSLプランA」「メトロイーサアクセス」の2つの品目を追加する。

 「ADSLプランA」は、アクセスラインにアッカ・ネットワークスの法人向けADSL回線を利用した中小規模拠点向けプラン。本プランには、下り最大1.5Mbps(上りは512kbps)と下り最大8Mbps(上りは1Mbps)の2つの品目が用意される。なおMPLSベースのIP-VPNサービスのラインアップに、8MbpsのADSL接続が追加されるのは国内初となる。

 利用料は、1.5Mbps品目のネットワーク接続基本料金が35,000円、8Mbpsのネットワーク接続基本料金が49,000円。そのほかに閉域通信料金とADSLモデムレンタル料(月額3,000円)が必要。サービスエリアは、アッカ・ネットワークスがサービス提供している全国534局。

 「メトロイーサアクセス」は、NTT東日本のメトロイーサ(100Mbps回線)との相互接続による大規模拠点向けプラン。月額利用料は、SOLTERIAネットワーク接続品目が87万円。そのほかに閉域通信料金が必要となる。サービスエリアは、NTT東日本のメトロイーサ提供エリア。なお、NTT西日本のアーバンイーサについても提供される予定。

 SOLTERIAは、IPパケットをラベルによって転送するMPLS技術を使った国内初のIP-VPNサービス。バックボーンには同社のPRISMを利用している。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top