JAL、機内インターネットサービスの2004年実現を目指しCBB社と合意。アジアの航空会社としては初めて | RBB TODAY

JAL、機内インターネットサービスの2004年実現を目指しCBB社と合意。アジアの航空会社としては初めて

ブロードバンド その他

 日本航空(JAL)は、ボーイング社のビジネスユニットの一つConnexion by Boeing Inc.(CBB)と、機内インターネット接続サービスの実現に向け基本合意に達したと発表した。2004年中のサービス開始を目指す。

 主なサービス内容は下記の3つで、いずれも乗客自身のパソコン・PDAでの利用を前提に提供する予定という。

・機内サーバに定期的に届けられるヘッドラインニュースや天気予報等の情報閲覧(無料)
・機内サーバに蓄積されたコンテンツへのアクセス(無料)
・メールの送受信およびインターネット接続(有料)

 CBBのメール送受信およびインターネット接続は、衛星を利用したブロードバンド回線を通じてリアルタイムに提供される世界初のサービスとなり、このサービスのみ有料提供される予定となっている。JALは、2004年中にまずは長距離国際線においてサービスを開始し、順次、他の路線へ拡大していく方針だ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top