ニューセンチュリーグローバルネット、法人向けオールインパッケージ「ブロードバンドビギナーパック」の販売を開始 | RBB TODAY

ニューセンチュリーグローバルネット、法人向けオールインパッケージ「ブロードバンドビギナーパック」の販売を開始

ブロードバンド その他

 ニューセンチュリーグローバルネットは、法人向けサービス「ncgnet」にあらたなラインアップとして、ビジネス展開に必要なソリューションとアクセスラインとをパッケージした「ブロードバンドビギナーパック」の提供を開始する。

 ブロードバンドビギナーパックは、NTT東西の提供するフレッツ・ADSLもしくはBフレッツをアクセスラインとして使用する基本サービスに、Eサーバホスティングパッケージとウィルスチェックサービスをパッケージ化したプランである。Eサーバホスティングパッケージではメール容量50MバイトとWeb容量50Mバイトが、ウィルスチェックサービスではncgnetのメールサーバが顧客企業のすべての送受信メールに対してウィルスチェックを実施する。

 Eサーバホスティングパッケージとウィルスチェックサービスのパッケージ価格は、現在プロモーション価格として月額7,900円で提供される。これらサービスの通常価格は、Eサーバホスティングパッケージが月額8,000円、ウィルスチェックサービスが月額4,000円(8月末まで無料)の合計12,000円である。

 基本サービス(アクセスライン)に用意されたアクセスラインは、フレッツ・ADSLの1.5Mタイプ、8Mタイプ、Bフレッツファミリータイプ(10Mbps)、マンションタイプ(100Mbps)、ニューファミリータイプ(100Mbps)、ベーシックタイプ(100Mbps)、ビジネスタイ(100Mbps)を利用した23種類。また、IPアドレスの割り当て方法は動的から固定(1/8/16個)まで4種類が用意されている。

 利用料は、アクセスラインやIPアドレスの割り当て方法によって月額2,750円から125,000円まで。同社では、おすすめサービスとして、「BフレッツプランファミリーD(月額2,750円)」「BフレッツプランファミリーS1(月額5,750円)」「フレッツADSLプランD8(月額3,000円)」「フレッツADSLプランS1(月額4,500円)」の4サービスをあげている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top