WIS-net、首都圏のサービスエリア展開を前倒し。一方で愛知・福岡では受付を中断 | RBB TODAY

WIS-net、首都圏のサービスエリア展開を前倒し。一方で愛知・福岡では受付を中断

ブロードバンド 回線・サービス

 WIS-net(ワイヤレスインターネットサービス運営)は、当初3月末までに提供開始する予定だった首都圏におけるサービスエリア展開を繰り上げた。その結果、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県のサービスエリアは約2倍に拡大した。

 一方、愛知県と福岡県では、基地局設置の登録受付を一時的に中断している。中断の理由として、同社は「申し込み数に対して基地局設置が追いつかず、サービスエリア展開が遅延している」と説明している。

 WIS-netはFWA方式のワイヤレスインターネット接続サービスで、下り最大2Mbpsの伝送速度を提供する。利用料は月額1,980円、機器使用料は月額770円。

 予定が繰り上げられた地域は以下のとおり。

■東京都
 練馬区、江東区、葛飾区、足立区、府中市、町田市

■埼玉県
 さいたま市

■千葉県
 船橋市、千葉市

■神奈川県
 川崎市麻生区、多摩区、高津区、宮前区、中原区
 横浜市港北区
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top