SANNET、Mフレッツとフレッツ・スポットに対応 | RBB TODAY

SANNET、Mフレッツとフレッツ・スポットに対応

ブロードバンド その他

 SANNET(三洋電機ソフトウェア運営)は、NTT東西の公衆無線LAN接続サービス「Mフレッツ」「フレッツ・スポット」への対応を開始する。

 利用できるユーザは、NTT東西のフレッツシリーズを利用しているフルタイムコースまたはブロードバンドスタンダードコース会員。サービスエリアは、Mフレッツが東京都(町田市・稲城市の一部を除く)と北海道、フレッツ・スポットが大阪市内の梅田・難波エリアの30スポット(順次拡大予定)。11月30日までは、両サービスとも無料オプションで利用できる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top