NTT-ME、中部国際空港工事に無線LANとFWAの通信システムを構築。沖合の現場でも陸側のサーバが利用可能に | RBB TODAY

NTT-ME、中部国際空港工事に無線LANとFWAの通信システムを構築。沖合の現場でも陸側のサーバが利用可能に

ブロードバンド その他

 NTT-MEは、竹中工務店と共同で、愛知県常滑沖の中部国際空港旅客ターミナルビル新築工事向けに、沖合人工島の島事務所と、陸事務所を結ぶ無線システムを構築した。海上約4kmを結ぶネットワークはFWAと無線LANによる冗長構成で、VoIPによる音声通話やイントラネットが利用できる。

 この現場では、通信ケーブルが連絡橋の架橋後に敷設されることから海底ケーブルは敷設されず、携帯電話による通話も不安定なため、通信が不通となっていた。

 FWAと無線LANの組み合わせによる実効速度は約7.5Mbps。データ通信については、陸事務所に集約されているサーバを島事務所から参照して、図面データや電子メールが使用できるほか、現場の監視にWebカメラなども利用される。また音声については、島事務所と陸事務所をVoIPで接続した上で、構内PHSによる内線通話ができるよう構成されている。

 今回の無線システムについて、通信過疎状態となっている類似の工事現場への適用をはかりたいとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top