中部テレコミュニケーション、名古屋市内で一般顧客向けの光ファイバの心線貸し事業をスタート。6月1日より | RBB TODAY

中部テレコミュニケーション、名古屋市内で一般顧客向けの光ファイバの心線貸し事業をスタート。6月1日より

ブロードバンド その他

 中部テレコミュニケーション(CTC)は、光ファイバを芯線貸しする「光ファイバ専用サービス」の提供を開始すると発表した。サービスは1心もしくは2心単位で、6月1日より提供される。提供エリアは、開始時点で名古屋市内全域。

 この「光ファイバ専用サービス」は、通信サービス契約約款による提供のため、企業や学校が拠点間接続などに使用できる。通信速度については、ユーザが両端にどのような機材を使用するかで決まるため、特に上限はない。

 本サービスの利用料金は以下のとおり。

1心式
 100,000円/月(1kmまで)10,000円/月(追加100mごと)
2心式
 160,000円/月(1kmまで)16,000円/月(追加100mごと)

 なお、提供エリアについては、名古屋市以外についても順次拡大する予定としている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

page top