NTT-ME、ブロードバンドルータ「BA5000 Pro」のUPnP対応ファームをリリース | RBB TODAY

NTT-ME、ブロードバンドルータ「BA5000 Pro」のUPnP対応ファームをリリース

IT・デジタル その他

 NTT-MEは、同社のブロードバンドルータ「BA5000 Pro」をユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)対応とするためのファームウェア「version 2.04 21 20020511」の提供を開始した。

 UPnPに対応したことで、WindowsMessengerのチャット、音声チャット、ビデオチャット、ファイル送受信、リモートアシスタンス、アプリケーション共有、ホワイトボードの各機能が、LAN内の複数のWindowsXP搭載PCから同時に利用できるようになる(「電話をかける」については未対応)。なお、WindowsXPでUPnPを有効にするには、ネットワークコンポーネントとして、サービスの「ユニバーサルプラグアンドプレイ」の導入・有効化が必要となる。

 あわせて、静的マスカレード設定の不具合や、DMZホストPCからのNTPパケットの扱いの不具合が修正されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top