小田急と東芝、駅構内での無線LANスポット実験を実施。BluetoothとPDAで | RBB TODAY

小田急と東芝、駅構内での無線LANスポット実験を実施。BluetoothとPDAで

エンタープライズ モバイルBIZ

 小田急電鉄、小田急情報サービス、東芝、丸紅の4社は共同で、駅構内における無線LANによるPDA向け情報配信サービスのモニター試験を開始すると発表した。名称は「e-駅スポット」。実験が行われるのは小田急線新宿駅と新百合ヶ丘駅で、Bluetoothによる無線LANアクセスポイントを設置し、PDAに対して各種コンテンツやインターネット接続を提供する。

 これらのコンテンツはPDAにダウンロードして電車内で楽しむことができ、モニター試験期間中、コンテンツおよびインターネット接続は無料で提供される。また、モニタ参加者には東芝のPDA、GENIO e550と、BluetoothカードSD-BTも配布される。

 無線LANアクセスポイントは、小田急線新宿駅の西口地上改札口付近および、新百合ヶ丘駅改札付近に設置され、モニター試験は5月31日から3ヶ月程度実施される予定。

 モニター試験に参加できるのは、小田急ケーブルビジョン(OCV)加入者で、通勤や通学に新宿駅・新百合ヶ丘駅を使用する人。募集期間は5月10日から26日までで、人数は50名となっている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top