MEが個人向け。結婚式の用途限定でビデオ配信が3か月で5万円。エンコードとメール配信も含む | RBB TODAY

MEが個人向け。結婚式の用途限定でビデオ配信が3か月で5万円。エンコードとメール配信も含む

ブロードバンド その他

 NTT-MEは、6月よりインターネットを使ったブライダル支援事業に参画する。MEのBridal-Video.netは、結婚の報告から挙式の模様までを動画配信し、メッセージを書き込むといったASPサービスも提供する。

 Brida-Video.netは、挙式を撮影したビデオ素材を預けることで、NTT-ME側でエンコーディングし、WAKWAKのCDNを使って配信するもの。また、動画はユーザ名とパスワードによる認証によって守られているため、友人・知人にメールを送信してウェブサイトの案内をしたり、メッセージボードを使ってコメントを書き込めるようにしたもの。ブライダルにターゲティングし、専用のASPとコンテンツ配信サービスをまとめた。

 エンコーディングは、56kbpsもしくは384kbpとなる。また、エンコーディングしたデジタルデータは、そのままWAKWAKのサーバとCDNを使って配信されるため、利用者の手をわずらわすことがないことが特徴となる。ただし、まったく作業がないわけではなく、ビデオ配信のページデザインとメッセージの記入、そして写真選択はASPとして提供され、自ら選べるようなサービスになっている。

 なお、エンコーディングした動画を閲覧するには、ユーザ名とパワードが別途必要だ。このため、Bridal-Video.netでは友人や知人へ動画のウェベページとユーザ名、パスワードを知らせるためのメール配信ASPも含まれる。メール配信機能を使うと、例文を使いながらメッセージが作成でき、必要なメールアドレスへ一括して作成と配信ができる。加えて、動画をみてもらったあとのメッセージを受け付けるメッセージボードを新郎、新婦別に用意し、パスワードでそれぞれ管理する仕組みを提供する。

 こうしたブライダルに関しての支援をBridal-Video.netは提供する。料金は、1挙式あたり5万円程度を予定しており、映像配信サービスは3か月程度となる予定。いずれにしても、細かい部分は現在のところ未定だ。

 NTT MEは、今回のサービス提供に合わせてブライダルサービス関係のパートナも募集しており、ブライダルをベースにブロードバンド環境の利用の方向性を模索することになる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top